*

もう若い時とは違う!?30代40代の大人な女性におすすめな髪型とヘアケア

      2017/07/20

もう若い時とは違う!?30代40代の大人な女性におすすめな髪型とヘアケア

「うしろ美人」なんて言葉があります。後からみたら10代か20代、でも前から見たらあらら…なんてことにならないようにしたいものです。

30代40代に近付いた頃から、髪の悩みは増えますよね。

  • まとまらない
  • パサパサになる
  • 白髪
  • 抜け毛
  • ボリュームダウン

子育て中の方なら、自分自身のケアにかける時間もお金もままなりません。

今回は30代40代からのおすすめの髪型&ヘアケア方法をまとめてみました。



歳相応の魅力を大切にした髪型に

歳相応の魅力を大切にした髪型に

最近の女性は「ただ若くいたい」という願望で、若い時代のヘアスタイルをそのまま30代40代でも引きずっている人もいます。だから周囲からみてもなんとなく違和感を感じてしまう髪型に。

しかし、その年齢の持つ魅力をもっと大切にして欲しいと思います。

例えば30代は大人の女性と若い女性のどちらも持っている魅力があります。40代の女性は大人の女性としての色気も溢れている魅力がある年代です。

30代40代は精神的な充実も高まり、大人女性の魅力の花開く年代。若い頃とは違ったケアやおシャレを楽しんで、素敵に歳を重ねていきましょう。

それぞれの魅力をもっと強調したヘアスタイルを意識してみましょう。30代40代はやはり「大人の女性」ということがキーワードです。

つまり、30代40代なりの色気を感じさせるヘアスタイルがその人の魅力となります。

逆に、30代40代の女性がロングヘアの派手な巻き髪やポニーテールなどにすると、今の女性は若いので一見20代に見えますが、どこかアンバランスさが見え隠れします。

30代40代に似合うヘアスタイル一覧

30代40代の髪型は、でこ出し&耳出しボブが似合う

30代40代の髪型は、でこ出し&耳出しボブが似合う

さて、個人差はあるものの、40代になると髪のボリュームはどうしても減ってしまいます。

ロングにしてパーマをかけても、てっぺんが薄く見えて気になる…という場合には、思い切ってボブラインまでカット。

分け目を変えれば、ボリュームの無さをカバーしやすくなります。シャンプーやドライヤーの手間も減り、その分ケアが行きとどきやすくなります。

もちろん、髪への栄養も満遍なく行き渡ります。ただ、ボブは一歩間違えると子どもっぽくなってしまい、変な若づくり感がでてしまいます。

大人の雰囲気を大切にするために、おでこや耳が完全に隠れない、動きや流れのあるボブスタイルがおすすめです。眉毛が見えると知的な雰囲気になります。

『いやいや、私はまだまだ髪が豊富!自慢の黒髪』という方は、もちろんロングも素敵です。

ロングの場合も、おでこや耳を出したスタイルだと大人の魅力が感じられます。それぞれの状態に合わせて楽しんでくださいね。

ロングからセミロングまで短くしてウェーブ・カールもおすすめ

ロングからセミロングまで短くしてウェーブ・カールもおすすめ

10代20代はロングであっても、やはり30代40代はセミロングやボブがおすすめです。

年代が進むとどうしても若い頃に比べて華やかさがなくなるため、ヘアスタイルは動きのあるカールがおすすめです。

髪に動きをつけて躍動感を出すためにナチュラルなウェーブ・カールがポイントとなります。

ロングからセミロングに切って軽いパーマを付けることで華やかさが演出でき、結果的に年齢よりも若く見える効果に繋がります。

ロングからセミロングまで短く

また、大きなウェーブやカールは女性らしい魅力を感じさせます。

軽くまとめたときにもおくれ髪やルーズなところが色っぽさの強調にもなりますが、やりすぎると若づくりし過ぎているという「無理」を感じさせてしまいます。

ヘアカラーは白髪染め、色味は暗めのブラウンがおすすめ

ヘアカラーは白髪染め、色味はダークブラウンがおすすめ

30代、40代はだんだん肌もくすみがち。

そのため、真っ黒の髪の毛より、ブラウンの髪色の方が肌の色も綺麗に感じられます。真っ黒な髪色はお肌とのコントラストを高めてしまうため、お肌のくすみがより際立ってしまうのです。

また、顔立ちに関しても10代や20代よりもシャープさが目立ち、誰しも少しきつめな印象になるので、髪色は柔らかさを演出できるブラウンがいいでしょう。

女性としての色っぽさは優しさにも通じるため、やわらかい印象のあるヘアカラーがおすすめ!ですが、逆に明るすぎるカラーは品が無くみえてしまいます。

また、白髪も増えてくる年代ですので、白髪が染まらないヘアカラー(お洒落染め)はNG。白髪染めであっても明るい色で染めると白髪の染まりが悪く、キラキラと浮いてしまうこともありますので要注意です。

白髪染めと白髪のない人が使う普通のヘアカラーの違いは、白髪がしっかり染まるかどうかの違いでしかありませんので、白髪染めだからといってお洒落な髪色に出来ないわけではありません。

以上を踏まえると、30代40代は白髪染めのダークブラウンがおすすめです。ダークブラウンは適度な赤味や深みも感じられるため、髪の鮮やかさやツヤも演出しすいという効果もあります。

やはり大人の女性を演出するなら、品の良さも大切なので、明る過ぎず暗過ぎない程度のダークブラウン一択ではないでしょうか。

美容院のヘアカラーで言えば、白髪染めの6トーンから8トーンぐらいがベストです。セルフカラーをする場合は、極力ダメージが発生しないトリートメントカラータイプを使いましょう。

LPLP 白髪ケア・ヘアカラーフォーム

白髪や薄毛の悩みには…天然ヘナもおすすめです!

白髪や薄毛の悩みには…天然ヘナもおすすめです!

白髪が気になるから美容院に行くたびカラーしているけど、毛の傷みや抜け毛が心配になることはありませんか?カラーリング代もバカになりません。

そんな人におすすめしたいのは、天然ヘナを使ったパックです。

染め方は、ヘナの粉を60℃くらいのお湯で溶いてしばらく寝かし、地肌や髪にすりこんで時間をおき、流すだけです。

放置時間は、ヘナ100%の場合は2~3時間、インディゴなど、他のハーブがブレンドされたものだと30分~1時間くらいですむものもあります。

メーカーによって使い方が違うので、詳しい使用方法を書いてあるサイトを探してみてください。ドラッグストアで市販されているものよりも、品質の良いものがネット上で買えます。

ネットショップでは、ヘナをはじめ、様々なハーブのヘアケア商品を取り扱っています。染め方の詳しい使用説明書もついているので、気楽に使えておすすめです。

美容院のカラーにくらべればだんぜんお得。髪の長さに寄りますが、一袋で数回使える場合もあります。何より、髪や地肌が傷まないのが嬉しい。

白髪が気になり始めたタイミングですぐに使用できるのもいいですね。

ただ、天然のものなのでデメリットもあります。

  • 色が思い通りにならない。
  • 皮膚や服に色移りするときがある(皮膚の場合は数日でとれます)。
  • 気候や体調によって色が入りにくいなど。

このように、難しいところもありますが、慣れてコツがつかめれば大丈夫です。これによって、薄毛が改善されたという人もいます。

加齢によって髪の毛の艶と量が減る

加齢によって髪の毛の艶と量がなくなる

30代40代になると、髪も加齢によって艶がなくなり量も減っていきます。

個人差がありますが、できればいつも艶のある良い状態にするためにも、髪の傷みが目立つロングヘアは避けましょう。

やはり30代40代はそろそろ顔にも艶がなくなる年齢です。髪の毛に艶がないと顔まで疲れたように見えてしまい、老けて見えてしまうということも。

また、髪質にも変化が現れ、突然くせ毛になったり直毛になったりします。厄介なくせ毛でお悩みの方には専用シャンプーがおすすめです。

参考:くせ毛におすすめのシャンプーは?広がる髪質を改善して綺麗にまとまる!

そして、全体的に髪の毛のボリュームも減ってくるので、少しカールを付けてカットに段を入れ、動きを強調するといいでしょう。

この時、トップに段(レイヤー)を入れないと髪の重なりが増えるため、トップがぺちゃんこになりがちです。

また、あまりボリュームがない場合は、おしゃれなショートにするのもおすすめです。髪の重さを感じさせないヘアスタイルなので、ボリュームを出しやすいです。

頭頂部などの極端に毛量が薄い部分があれば、ウィッグなども上手に使ってみるのもいいのではないでしょうか。

ボリュームが出にくいという人は、髪の毛にボリュームを出しやすくするシャンプーも販売されていますので、そういったサポートアイテムを上手く使ってスタイリングをするのがおすすめです。

シャンプーによってどのぐらいボリュームが出やすくなるのかは、お試しを利用してみると判断しやすいと思います。私も30代に入ってから使っていますが普通のシャンプーとは違いますよ。

アスタリフト美髪トライアルキット1200円+税

30代40代からのヘアケアは正しい生活習慣も大切

30代40代からのヘアケアは正しい生活習慣も大切

若くて健康なうちは、少々無茶をしても回復力があるので、髪にそれほどのダメージは感じません。けれど、年齢を追うごとに、日ごろの悪習慣はダイレクトにひびいてきます。

いくつになっても元気な人はいますが、個人差が大きいので、自分は自分の身体に合わせた生活を心がけてあげなければいけません。

髪の健康は頭皮から。頭皮は皮膚の一部ですので、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、紫外線や喫煙の影響を受けます。

女性の場合は、ホルモンの変動があるのでなおさらですね。

高品質なシャンプーにこだわりましょう

高品質なシャンプーにこだわりましょう

また、若い頃は特にシャンプーのことなど考えなくても綺麗な髪だったはず。だから若いときには香りの良いものや、ボトルのおしゃれなものを選んでいた人も多いのではないでしょうか。

でも30代40代になると髪質も悪くなり、シャンプーの中身が重要になってきます。

まだまだ髪には自信があるという人でも、個人差はあってもいずれ髪や頭皮は傷むようになっていくものです。そのため、髪や頭皮のケアも考慮してシャンプーは内容を重視して選ぶようにしましょう。

特にシャンプーの主成分である界面活性剤の種類によっては、30代40代になるとアレルギーの原因や、薄毛の原因にもなります。

いくらCMやボトルデザインが良くても、安いシャンプーはそれなりの成分で出来ています。値段は嘘をつきません。

若い頃なんかは、洗えればどのシャンプーを使おうが大して変化が分かりませんが、年齢を重ねるほどその違いが分かるようになります。

質の良いシャンプーはその分お値段が張りますが、将来的なことを考えたら質の良いナチュラルなシャンプーを選びたいものですね。

オーガニックは低刺激で頭皮に優しいシャンプー。髪と頭皮のエイジングケアをして頭皮の健康を維持、生えてくる髪を健康にしていくタイプなので、30代以降の方にピッタリなシャンプーなのです。

頭皮に優しいシャンプーって?どんなタイプがおすすめなの?

【市販シャンプーの選び方】自分の髪と頭皮におすすめなのはどのタイプ?

シャンプーの仕方は頭皮を優しくマッサージ

シャンプーは頭皮を優しくマッサージ

シャンプーをする時に髪をゴシゴシこすってしまうと、細くなった毛は抜けてしまいます。髪を洗うより、頭皮を優しくマッサージするようにしましょう。

頭皮を顔側から前頂部に向かって、少しずつ引き上げるように手を動かしていくと、リフトアップ効果も得られます。

しっかりとシャンプーをすると意外に首肩がこります。耳から首にかけてのツボを優しく押し、首まわしもして頭皮への血行を良くして仕上げると、より効果的になります。

マッサージが上手くできないと言う人は、電動頭皮ブラシがおすすめです。

 

おすすめの電動シャンプーブラシ『頭皮エステ』のマッサージ効果が凄い!

ドライヤーを使うときはボリュームを意識

ドライヤーを使うときはボリュームを意識

髪を乾かすときに、上から風をあててしまうと髪がペタっとなってしまいます。

ボリュームを出したい部分の髪は、根元から立ちあげるようにして風を送るとふんわりします。とくにトップはペタンコになりやすいので、手でジグザグとかきあげるように根元から乾かしましょう。

ただ、毛流れやクセは人それぞれなので難しい場合もあるかもしれません。そんな時は担当のスタイリストさんに聴いてみましょう。スタイリングのポイントなどを教えてくれますよ。

自分の気にしていることをオープンにしておくと、プロの視点からのアドバイスを受けられます。年齢を追うごとに、安心して髪を任せられる美容師さんとの付き合いも、大切にしたいですね。

ドライヤーの選び方のポイントとおすすめをランキング!

50代60代のヘアスタイルも考慮しておく

50代60代になると、今度は顔が急激に老けてくることや、体重の増加などいろいろな変化が起こる年代です。

そうなると30代40代の似合うヘアスタイルとはまたちょっと違い、あまりカールなどのないお洒落なショートがおすすめになってきます。

ボリュームを出すためにパーマを強くかけ過ぎて、いかにもオバチャンっぽくなるより、逆に直毛のままカットをしたほうがずっと若く見えるのです。

逆にロングやセミロングはよほど美しさに自信がないと、逆に年齢を感じさせてしまうことにも。

また、顔の輪郭などもたるんでくるので、短めにカットにしてボリュームを上の方にポイントを持っていくヘアスタイルが似合うようになります。

このように、50代60代もそうですが、30代40代にしかできないヘアスタイルもあるのです。

30代40代のうちは、50代60代になったら楽しめないヘアスタイルをしっかり楽しんでから50代を迎えたいものですね。

まとめ

30代40代は個人差も大きい年代ですが、白髪も出てきたり頭皮が荒れやすくなってくる年齢です。

白髪は隠した方がいい年齢ですし、ぽろりと見える白髪はちょっとがっかりしてしまいますよね。加齢を感じさせられてしまいます。

ヘアスタイルを綺麗に整えるためには、白髪染めはもちろん、シャンプーで髪と頭皮のケアをしっかりして、ベースを良い状態にする必要があります。

特に白髪染めは繰り返すものなのでどうしても髪を傷めがち。そのあたりも踏まえ、日々しっかりとヘアケアをして、綺麗なヘアスタイルをキープしていくことをオススメします。

30代40代になると、20代の若い頃のように、チャチャっと済ませることができたのと比べてかなり手間暇かかりますが、綺麗な髪型を保つためには必要です。

年齢髪が気になっている人は…

  • 髪は短めにして負担を減らす。
  • 分け目を変えてみる。
  • ドライヤーのかけ方を工夫。
  • カラーを天然ハーブに変えてみる。
  • シャンプーは優しく、頭皮をマッサージ。

それと同時に、

  • ストレスコントロール。
  • できる範囲の休息、睡眠。
  • バランスのいい食生活。
  • 紫外線にあたり過ぎない。
  • 喫煙を控える。

そんな生活習慣の心がけも行ってみましょう。年齢に合った髪型とヘアケアで、いくつになってもオシャレを楽しみたいものですね。

ただ、年齢による変化やダメージは、あなたが生きてきた年輪でもあります。それを気にし過ぎてクヨクヨするとせっかくの魅力も半減してしまいます。

白髪や薄毛を敵視してケアするのと、『ああ、これだけ頑張って生きてきたんだな~』と優しい気持ちでケアするのとでは効果が全然違うそうです。

年齢と上手に付き合いながら、自分の変化やヘアケアを楽しみましょう!

雑誌にも掲載!人気の100%天然由来のノンシリコンシャンプー

 

30代からの基礎化粧品選びで重視したいポイントとは?

40代の肌悩みにおすすめの基礎化粧品は?選び方を見直して!







  関連記事

くせ毛を伸ばしたいけど…縮毛矯正とストレートパーマの違いって?

くせ毛を伸ばしたいけど…縮毛矯正とストレートパーマの違いって?

くせ毛を伸ばしたい…そんな時は縮毛矯正やストレートパーマがおすすめ!でも、縮毛矯正とストレートパーマの違いって?料金や所要時間の目安なども併せて説明します。

この前髪、短すぎない?美容院で髪を切り過ぎた原因と対策

美容院に髪を切りに行って「あ~こんなに短くされた(怒)せっかく伸ばしてたのに…」なんてことはよくあるものです。なぜなのか?髪を切り過ぎた原因と対策を紹介します。

圧倒的な風量と使いやすさで人気!ダイソンのドライヤー『Supersonic』の口コミ圧倒的な風量と使いやすさで人気!ダイソンのドライヤー『Supersonic』の口コミ

圧倒的な風量と使いやすさで人気!ダイソンのドライヤー『Supersonic』の口コミ

『これまでにないデザインのドライヤー』『圧倒的な風量と使いやすさ』と口コミで人気となっているダイソンの『Supersonic』について紹介します。

可愛い髪型には2つの真逆な意味があることが判明!

『可愛い髪型』とひとことで言ってもまったく逆の2つの意味があります。自分が似合う可愛い髪型はどちらなのか?を考えてみよう!

何がいけないの!?男ウケしない女性の髪型

男性と女性では髪型に対する印象が大きく異なるようです。男ウケしない女性の髪型を紹介します。

自分を変えたい時は髪型からアレンジしてみよう!

人は見た目を変えると中身が変わると言われています。自分を変えたい人はまず髪型をアレンジすることから挑戦してみよう!

40代、50代に人気の髪型とは?ヘアカタログには要注意!

40代、50代になってくるとどういう髪型にしていいか分からなくなりますよね。人気の髪型はどんな髪型なのかを紹介します。