*

雰囲気が変わる!前髪にパーマをかけてアレンジしてみよう!

      2017/03/23

雰囲気が変わる!前髪にパーマをかけてアレンジしてみよう!

前髪だけで雰囲気が大きく変わる!

髪全体にパーマをかけることはあっても、前髪はそのままにする人も多いのではないでしょうか?

前髪にパーマをかけると髪の扱いが難しくなるというイメージを持っている人もいるのではないかと思います。

なかには過去にパーマで大失敗してしまってそれっきり…という経験もあるかもしれません。

でも、実は前髪こそヘアスタイルの中でも見た目的な影響が一番大きい部分であり、その人のイメージを作っていると言っても過言ではありません。

今のヘアスタイルにマンネリを感じていたら、おすすめの方法があります。


それは、ヘアスタイルを大きく変えなくても前髪をちょっといじってみるだけで、気分転換になるのでおすすめです。

特に、いつもロングヘアにしている人はヘアスタイルを大きく変えることは難しいですよね。

そんな時こそ前髪を少しだけアレンジしてみて下さい。

前髪を作ってみたり、ちょっと長さを変えたりするだけでもいいのですが、前髪にパーマをかけることによってそのアレンジの幅は大きく広がります。

ひとことにパーマと言っても、普通のパーマもあればストレートパーマもあります。

そして髪の毛のウェーブもあればカールもあります。

さらにはその強さや大きさもあります。

パーマの色んな技術があるので、ぜひヘアスタイルの幅を広げるために参考にしてみて下さい。

前髪にパーマをかけて色んなアレンジしてみよう!

前髪にパーマをかけて色んなアレンジしてみよう!

繰り返しになりますが、前髪にパーマをかけるといろんなデザインにアレンジすることができます。

前髪にちょっとしたアレンジを加えるだけで、同じヘアスタイルでも雰囲気がガラっと変わるものです。

パーマをかけるというとウェーブさせたりカールさせるイメージがありますが、他にも根元のボリュームを調整することもできます。

ウェーブやカールをつけなくてもボリューム感があるなしだけでも雰囲気をアレンジすることができるのでおすすめですよ。

では、前髪にパーマをかけるとどのようなアレンジができるのかを種類ごとに紹介していきます。

前髪にボリュームを出す。

前髪にボリュームを出す。

前髪がぺちゃんこに潰れてしまう人は、前髪の根元にパーマをかけることによって、フワっと浮かせた前髪にすることができます。

そうすると柔らかそうな雰囲気を醸し出せる視覚効果があります。

この場合、小さなロッドで毛先から巻いてしまうと毛先にパーマが強くかかってしまうので、大きめのロッドで毛先にはウェーブやカールがかからないようにパーマをかけてもらうと良いです。

美容院では根元だけにボリュームを出したいと伝えれば大丈夫です。

立ち上げて後ろに流しやすくする。

立ち上げて後ろに流しやすくする。

前髪を作っておらず、センターやサイドから分け目を付けている人におすすめなのがこちらです。

前髪を掻き上げるように横や後ろに流したい時は、パーマをかけることによってかなり流しやすくすることができます。

斜め前髪にも。

斜め前髪にも。

斜めに流す前髪もパーマをかけることによって簡単に出来るようになります。

直毛の人はそのままだといくら手で流してもパラパラ落ちてきたりして綺麗に流れませんよね。

この場合は、毛先だけ軽くパーマをかけることによってカールしてくれるので綺麗に流れて収まりが良くなります。

毛先を遊ばせてくせ毛風に。

毛先を遊ばせてくせ毛風に。

毛先にパーマをゆるくかけるとくせ毛風にすることができます。

ぱっつんなどの短めの前髪の場合は変な方向に流れたりして気になってしまうので、長めの前髪におすすめ。

ポイントは毛先はかなりゆるくパーマをかけること。

強くかけてしまうと跳ねてしまったりまとまらなくなるので注意して下さい。

毛先にパーマをかけた場合は、分け目をつけてもつけなくても色んなアレンジができるようになります。


フロントサイドの髪を内巻きや外ハネ風に。

フロントサイドの髪を内巻きや外ハネ風に。

正面から見た時、前髪の次に見た目に影響するのがフロントサイドです。

フロントサイドを内巻きにしてフェイスラインに沿わせたり、または外巻きにして外ハネ風に動きをつけるだけでもヘアスタイルを変えることができます。

必ずしも全体にパーマをかけなくても、前髪やフェイスラインを変えるだけでもイメチェンできるのでおすすめです。

くせが気になるならストレートパーマで真っ直ぐに。

くせが気になるならストレートパーマで真っ直ぐに。

くせ毛やボリュームが気になる人はストレートパーマがおすすめ。

縮毛矯正までしなくても前髪にストレートパーマをするだけでかなりおさまりが良くなります。

この場合、前髪の根元から中間ぐらいまでをしっかり伸ばし、毛先は軽く整えるぐらいにするととても自然です。

強いくせ毛の人は縮毛矯正をしないとしっかりと伸びないことがありますが、それとは逆に強く掛かり過ぎてしまう失敗も多いのです。

ストレートにしすぎると前髪がペチャンコになったり、毛先がハリのように真っ直ぐになり過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

この前髪、短すぎない?美容院で髪を切り過ぎた原因と対策

まとめ

いかがでしたか?

前髪にパーマをかけると色んなアレンジもできるし、それによってヘアスタイルの雰囲気も大きく変わります。

ただ、注意点としては、パーマをかけた時はスタイリングをしっかりとすることがポイントになります。

パーマはスタイリングをしやすくするためにかけるものなので、乾かしてそのままでは綺麗にまとまりません。

でも、前髪のスタイリングだけならそんなに難しいことはありませんので、ぜひ楽しみながら色々なスタイリングを試してみて下さい。

もうイヤ!くせ毛でまとまらない髪型とうねる前髪の対処法は?







  関連記事

ボブにパーマをかけてみよう!全体に?それとも毛先だけ?

なんとなくボブの髪型に物足りなさを感じたら、パーマがおすすめ!ボブにパーマをかけてみたい人は参考にしてみて下さい。

ゆる巻きヘアスタイルの作り方!おすすめのスタイリング剤は?

ゆる巻きヘアスタイルの作り方!おすすめのスタイリング剤は?

ゆる巻きヘアスタイルの作り方、おすすめのスタイリング剤も紹介します。

パーマをかけるために必要なパーマ液の種類と特徴について

パーマ液の種類と特徴、そしてパーマがかかるしくみである還元と酸化についても説明しています。

パーマの中間処理はクエン酸リンスで髪を弱酸性に!

パーマにおける中間処理(中間水洗、クエン酸リンス)の正しい方法と使用するパーマ2剤による反応の違いを詳しく説明しています。

パーマがすぐとれちゃう原因と長持ちさせるシャンプーの方法

せっかくかけたパーマが翌日にはとれちゃった…。そんな原因とパーマを長持ちさせるシャンプーの方法を紹介しています。

エアウェーブのメリットは?クリープパーマのしくみと方法

通常のパーマよりも少ないダメージでウェーブになるクリープパーマ。そのしくみと方法、併せてエアウェーブについても説明します。

パーマの種類を知って、思い通りのヘアスタイルに!

初めてパーマをかける人や、いつも思い通りのヘアスタイルにならないという人は、パーマの種類や知識を参考にしてみて下さい。