*

ボブにパーマをかけてみよう!全体に?それとも毛先だけ?

      2017/01/23

ボブにパーマをかけてみよう!全体に?それとも毛先だけ?

ボブについて

今回はボブにパーマをかけるとどのようなイメージになるのかを主に紹介したいと思います。

その前にボブのヘアスタイルについておさらいしてみましょう。

このブログでもボブについては度々取り上げていますが、ボブの髪型にはこのような特徴があります。

  • 髪の長さに応じて、マッシュルームや前下がりのショートボブからAラインシルエットのミディアムボブまである。
  • 全体的に丸みのあるヘアスタイル。
  • 髪に段差が少なく重みのある安定したヘアスタイルで、全体的なまとまりと重さが特徴。毛先にも動きは出にくい。
  • 面が整っていてツヤが出やすい。

ボブのイメージを箇条書きにするとこのような感じになります。

  • 大人しい。
  • 落ち着いている。
  • ふんわり柔らかい雰囲気。
  • 綺麗よりも可愛い女の子のイメージ。

このように、ボブはとても人気のある髪型です。

そんなボブをアレンジするためにも、今回はボブにパーマをかけたアレンジを紹介たいと思います。

ボブの髪型については以前の記事も参考にしてみて下さい。

当たり前のように呼んでるけど、髪型の『ボブ』って何?

ボブにパーマをかけてみよう!

もしボブにパーマをかけるとしたら、どんな種類があるのかを紹介します。

これは部分的にパーマをかけた時の一例なので、全てをこのようにする必要はありません。

どこの部分にどのようにパーマをかけることによってどんなイメージになるのかを説明します。

前下がりボブのフェイスラインの毛先にパーマをかけて内巻きに。

フェイスラインの毛先を内巻きに。

特にくせ毛の人はパーマで毛先を整えないと跳ねてしまったり変な方向を向いてしまいます。

そこで前下がりボブのフェイスラインのあごに沿うように、顔周りを包み込むように毛先だけを内巻きにするパーマをかける。

フェイスラインをすっきりシャープにみせることができます。エラを隠したい人にもおすすめ!

毛先だけのパーマなので、いかにもウェーブしているパーマスタイルではありません。

スタイリングをしやすくするために毛先だけにゆるくかけるのもおすすめです。


毛先に強くパーマをかけて外ハネ風に。

毛先に強くパーマをかけて外ハネ風に。

サイドの毛先を外ハネ風に遊ばせることによって躍動感のある活発なイメージのボブにすることができます。

ボブは重さがあるため動きが出にくい髪型ですが、そこをあえてパーマで動きを出すことによって、ボブ特有の野暮ったさを打ち消して垢ぬけた軽さを演出することができます。

明るいイメージになりたい人には特におすすめ!これはメンズにもおすすめのパーマです。

毛先から根元までパーマをかけてトップをふんわりさせる。

毛先から根元までパーマをかけてトップをふんわりさせる。

ボブは重さがあるヘアスタイルなので、髪が柔らかい人や細い人はトップがペチャンコに潰れやすいというデメリットがあります。

トップが潰れていると理想的なシルエットであるひし形や卵型にならず、四角いシルエットみえてしまいます。

トップに大きめのロッドで根元からパーマをかけることによって、ふんわりさせれば綺麗な卵型シルエットにすることができます。

必ずしも全体にパーマをかけなくても、トップだけ部分的にかけてもOKです。

全体的にウェーブになるようにパーマをかける。

全体的にウェーブになるようにパーマをかける。

ボブに全体的にパーマをかけることにより、さらに柔らかい雰囲気を生かすことができます。

毛先だけじゃなく根元から中間にかけてウェーブを強くすることにより、全体的にボリュームのある空気感を作ることができます。

スタイリングはムースワックスなどを髪全体に揉み込むように付けるだけ!

ヘアアイロンで巻きやすくするためにパーマをかけるのもおすすめです。

他にも、あえて全体的に強めのパーマをかけて、伸ばしながら乾かせば全体的にボリュームアップすることができます。


あえて巻く部分と巻かない部分に分けてパーマをかける。

例えば前髪はパーマをかけず、サイドとトップだけにするなど、巻く部分と巻かない部分を組み合わせて、ヘアスタイルをアレンジします。

必要なところに必要なだけにすることで、余計なボリュームを抑えてスタイリングがしやすくなるというメリットもあります。

後頭部にパーマをかけてふんわりボリュームアップ!

後頭部に強めにパーマをかける。

後頭部が絶壁の人は、根元からパーマをしっかりとかけることで綺麗な丸みのあるシルエットにすることができます。

日本人は後頭部に奥行きがない人が多いので、パーマをかけることで整えることが横からみた時のシルエットを綺麗にすることができます。

縦巻きでパーマをかける。

ボブにパーマをかける際に、縦巻きでパーマをかけることによってボリュームが出過ぎないまとまりの良いヘアスタイルにすることができます。

ボリュームがあまり出ないようにパーマをかけて貰うように伝えれば良いと思います。

まとめ

以上をまとめると、ボブにパーマをかける場合はこのようになります。

  • 全体的にパーマをかけるのかトップやサイド、後頭部などの部分的だけにかけるのか。
  • 根元から巻くのか毛先だけを巻くのか。
  • ウェーブにするのかカールにするのか。
  • ウェーブやカールの大きさは?
  • ボリュームはどれぐらいにしたいのか。
  • スタイリングをしやすくするためにかけるパーマもある。
  • スタイリングをしっかりやるのかやらないのかでヘアスタイルが変わる。

このように色んな選択肢ができますが、基本的には美容師さんにおまかせしておけば大丈夫だと思います。

でも、『どうしてもこういう感じにしたい!』という希望があれば、そこのポイントはしっかりと伝えられるようにしておくといいと思います。

一番ポイントになる部分は、パーマの強さとかける部分。

つまりどこの部分にどれぐらいのウェーブやカールをつけたいのかになります。

そこさえ間違わなければ、あとはスタイリングでカバーできるので、気軽にパーマをかけてみて下さい。

【ヘアカタログ】パーマ・カール・ウェーブのヘアスタイル特集





  関連記事

パーマの中間処理はクエン酸リンスで髪を弱酸性に!

パーマにおける中間処理(中間水洗、クエン酸リンス)の正しい方法と使用するパーマ2剤による反応の違いを詳しく説明しています。

人気ランキングでおすすめのコテは上手に巻けない?

人気ランキングでおすすめされているコテでは自分で上手に髪を巻くことができません。それには意外な理由があるのです。

パーマの種類を知って、思い通りのヘアスタイルに!

初めてパーマをかける人や、いつも思い通りのヘアスタイルにならないという人は、パーマの種類や知識を参考にしてみて下さい。

雰囲気が変わる!前髪にパーマをかけてアレンジしてみよう!

ヘアスタイルの雰囲気を変えたい時は前髪にパーマをかけるのがおすすめ!パーマのかけ方による前髪の色んなアレンジを紹介します。

髪を傷めずに巻き髪やストレートに!おすすめのヒートケア低温ヘアアイロン

髪を傷めずに巻き髪やストレートに!おすすめのヒートケア低温ヘアアイロン

毎日ヘアアイロンを使って巻き髪やストレートにしていると、髪が激しく傷んでしまう結果となります。そんな方におすすめなのが『ヒートケア低温ヘアアイロン』です。

パーマがすぐとれちゃう原因と長持ちさせるシャンプーの方法

せっかくかけたパーマが翌日にはとれちゃった…。そんな原因とパーマを長持ちさせるシャンプーの方法を紹介しています。

パーマをかけるために必要なパーマ液の種類と特徴について

パーマ液の種類と特徴、そしてパーマがかかるしくみである還元と酸化についても説明しています。