*

当たり前のように呼んでるけど、髪型の『ボブ』って何?

      2017/08/12

当たり前のように呼んでるけど、髪型の『ボブ』って何?

髪型のボブって?

みんな普段から何気なく使ってはいるけど意外と知らないヘアスタイル用語 ボブ

ファッション誌やヘアカタログによく出てくる髪型です。

アニメならサザエさんのワカメちゃんとかちびまる子ちゃん、芸能人だと田嶋陽子とかふかわりょうバナナマン日村を直感的にイメージしませんか?

昔でいう、おかっぱのイメージが強いですよね。

美容師さんはもちろん、一般の方でも雑誌なんかみてボブっていう言葉をよく使われますが、意味を知らないで使っている人は多いかと思います。

知らなくてもイメージ的に使われていてそれが常識になっているので、ヘアスタイルはデザインですから、イメージだとかニュアンスでもいいのかもしれません。

ボブの代表的なヘアスタイルはマッシュルームとか、ショートならキャップスタイルと呼ばれるものです。ショートボブともいいます。

ヘアスタイルは呼び方がいろいろあって、美容師さんが専門用語で使うヘアスタイル用語もあれば、一般の人が使うヘアスタイル用語もあります。

いま流行りの髪型はゆるふわボブ。

重たいイメージのボブではなくて軽くふわっとしたボブが人気です。

ボブのヘアスタイル一覧

ボブの定義とは?

ボブの定義

まず、ちょっと髪型の専門的な話になってしまいますが、興味ない人は飛ばして下さいね。

ヘアスタイルはざっくりと大きく分けて4つのカット技術で出来ています。

  • ワンレングス
  • グラデーション
  • レイヤー
  • セイムレイヤー(セイムレングス)

美容師さんはこの4つのカット技術を駆使してあらゆる全ての髪型をつくっています。

すべてはこの4つの技法から生み出されるので、すべての髪型をつくる上でのベースになります。

グラデーションカットで作ったヘアスタイルをグラデーションボブといいます。普通は略してグラボブと言います。

グラデーションというのは、下の髪より上の髪の方が長さが長い状態。自然に髪を下した時に髪の重なりに少しだけ段が入っていて、全体的にはとても厚みがある髪型のことをいいます。

それで出来たヘアスタイルがグラボブなんです。

言い方を変えると、グラデーションカットで出来たヘアスタイルがボブと言えます。特徴的には、形でいうと丸みをおびていて、そして重いです。

重いというのは髪の毛の重なりが多いために、髪のボリュームを感じるということですね。

段差が少ないため、言いかえれば安定感があるとも言えます。そのままでは重いので毛先は動きにくいです。

髪の長さが短ければショートボブと呼ぶのが一般的です。

しかし例えばその上の方にレイヤーカットが入っていれば、レイヤーボブになったりするので、ヘアスタイルの数は無限にあります。

上記の4つのカット技法の組み合わせによって髪型が出来ているのですが、その組み合わせを入れる部分は髪の分け方によって無数にあるため、たった4つのカット技法で無限のヘアスタイルが作れます。


ワンレングス

ワンレングスは髪を真下に下ろした時に外側の髪と内側の髪の長さが同一直線上で重なる状態を指します。

外側の髪と内側が同じ長さになるということは、髪の毛一本を抜いた場合、外側の髪のほうが長くなります。

毛先だけをみると、髪の毛が一番重なっていて厚みがあり、安定しています。

レイヤー

レイヤーはグラデーションとは真逆で、上の髪が下の髪より短い状態で、真下に下ろしたときに段が広くなります。

髪の厚みが少ないので軽さと動きが出せます。

毛先を動かしたり軽い髪型にしたい人はレイヤーでカットするのが向いています。

セイムレイヤー(セイムレングス)

セイムレイヤー(セイムレングス)は、レイヤーとグラデーションの中間で、上の髪と下の髪が同じ長さのことを指します。

髪の厚みも中間になりますので、ある意味で一番バランスの取れた髪型です。

なぜボブっていうの?

なぜボブっていうの?

グラデーションカットで作るヘアスタイルということになりますが、そもそもなんでそれをそう呼ぶのか?という疑問です。

私が聞いたことある説だと3つあります。あくまで説ですが。

1つは、第一次世界大戦の時にイギリスにボビーと呼ばれる少年がいて、子供ながら戦争に駆り出される時に、長髪が邪魔だからということでバッサリ切られました。髪を束で掴んでハサミを横から入れて出来たヘアスタイル。名前にちなんでボブと呼ばれた説。

2つ目は、馬の尻尾を揃えるように切ったのがボブと呼ばれていたので、それに似てるからという説。 

3つ目は、射撃する時に前髪が邪魔な人がいて、バッサリと切ったんだとかよくわからない説。

どれも信憑性がなくて正しいのかわかりません。笑

まぁ、いまとなってはイメージでボブと言っても美容師さんには伝わるので、わからなくても特に問題ないですね。


ボブの種類

例えばこの4つを見て下さい。

  • 前上がりボブ
  • 前下がりボブ
  • ショートボブ
  • マッシュルーム

これは4つの呼び方を例に出しましたが、実はこの中で同じ髪型なのに名前が違うというものが混ざっています。

前上がりボブはマッシュルームと同じ。

ショートボブは髪型の長さを指しているので全てに当てはまってしまいます。

こういったことがあるため、ヘアカタログや雑誌を見てて『このボブいいな~』って思って髪型の名前だけをメモして、それを行きつけの美容師さんに伝えても伝わらないことがありますので注意が必要です。

このように、髪型のネーミングはいくらでもあり誤解されやすいため、『この髪型がいい!』っていうのが見つかったら、その写真を切り取って持っていくほうが無難です。

髪型をゆるふわボブに変えた体験談

私が就活用の髪型として選んだのはボブだった。

髪の毛の色を元に戻してショートボブにしてみたら、自分で言うのも何だけど、就活用スーツが似合う真面目そうな女の子に変身することができた。

友達からは詐欺だ何だと散々言われたけれど、不思議なもので、髪型をおとなしめのボブに変えたら、性格の方まで地味になった。

でも、悪い意味の地味さではなく、ちょっと落ち着いた地味さになることができた。

それ以来、ずっと同じボブにしていたのだけど、今年入社した会社の新人研修が終わった時に、ちょっと雰囲気の違うボブに変えてみた。

今までのヘアスタイルはボブというよりはワンレンとか「純正オカッパ」といったものだったので、かなり重苦しい感じがあった。

でも、もう社会人なので少し大人っぽい雰囲気にしたいと思い、美容師さんに相談してみた。

美容師さんのアドバイスを聞いて、毛先にゆるいパーマをかけてもらったら、今風のゆるふわボブに仕上がった。

自分でもとても気に入っているのだけど、ゆるふわボブのモテ効果は偉大だと思う。

あと、ボブは髪のツヤ感やまとまりを強調するヘアスタイルだから、スタイリングはヘアオイルも欠かせない。おすすめはこれ。

重すぎず軽過ぎず、ちょうどいい感じになるから使いやすい。


まとめ

髪型のボブまとめ

ひとことにボブといっても様々な髪型をさすことが出来てしまいますが、おもに重たいイメージをさすことが多いです。

ボブとはいえ、その時に旬なネーミングがされることもよくあります。

ゆるふわボブもそういう流れからついたネーミングです。

ボブは特に言い回しがしやすいネーミングなので、その分注意する必要があります。

美容院に行って『ボブにして下さい』という前に、しっかりとヘアカタログで確認してもらうことをおすすめします。

また、ボブはツヤが命のヘアスタイル。ダメージ毛はしっかりとケアしていきましょう。

髪がパサパサ…正しいダメージケアをしていこう!





  関連記事

小顔に見える?思い切って髪型をショートに!

気分を変えたければ思い切って髪型をショートにしてみよう!ショートヘアにしたイメージと小顔になれた人の体験談も紹介します。

可愛い髪型の理想は本田翼のショートボブ?桐谷美玲のロングヘア?

髪型には心の中まで変えてしまう不思議な力があります。あなたの理想の可愛い髪型は?女子に人気の髪型ランキングを紹介。