*

育毛剤って本当に効果あるの?正しい使い方も把握しておこう!

      2017/06/07

育毛剤って本当に効果あるの?正しい使い方も把握しておこう!

今回は、育毛剤の効果と正しい使い方を説明したいと思います。

…って言っても付けるだけなんじゃないの?

と聞こえてきそうですが、実は正しい使い方があるのです。

正しい使い方をしてはじめてしっかりとした効果が発揮されますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

その前にちょっとだけ育毛剤の効果をおさらいしてみましょう。

フィンジア!業界独自の高配合成分!反動無し!

育毛剤の効果

育毛剤の効果

育毛剤の効果は主にこのふたつになります。

  • 頭皮環境を整える(フケ・かゆみ・肌荒れ)
  • 頭皮の血行を促進

ざっくりとですがこの2つがメインになります。簡単に言えば発毛しやすい頭皮環境に整えるということですね。

育毛の効果を発揮するためには、まず頭皮環境を良い状態にする必要があります。

フケ、かゆみ、肌荒れを改善した上で、頭皮の血流を良くすることによってはじめて育毛が期待できるというものです。

頭皮のかゆみとフケの原因は?シャンプーの種類とやり方で対策を!

せっかく価格が高い育毛剤を購入しても、頭皮環境を良い状態にしてから使わないと台無しです。

髪の毛は毛根にある毛乳頭細部や毛母細胞から作られているので、そこまでしっかりと育毛成分が浸透しないと効果がありません。頭皮にフケや汚れが溜まっていたら毛近まで届かないのです。

特に抜け毛や薄毛がある人は、頭皮環境が悪い傾向にあります。頭皮環境が悪いからこそ抜け毛や薄毛があるといった方が正しいのかもしれませんね。

毎日のシャンプーがしっかりと出来ていなかったりする原因が多いです。脂性の人は洗いが不十分だったり、フケ症の人は洗い過ぎて地肌が乾燥しすぎてしまったりすることがあります。

シャンプー自体があっていないという場合もありますが、それはまた別の機会に説明しますね。

『育毛剤を使ってるけど効果がわからないんだよね…』という感想をよく聞きますが、もしかしたら育毛剤のせいだけじゃないかもしれません。

正しい使い方をしていないため、効果が半減している可能性が高いです。

育毛剤の種類

育毛剤についてですが、育毛剤は登録が医薬部外品分類になっていて、医薬品の一つ下のレベルです。有効成分による効能・効果は記載することが出来ますが、厚生労働大臣が認めた「緩和な作用」レベルです。

化粧品分類の育毛商品は、薬事法違反になるため、そういった記載は出来ません。なので、より効果的であるのは、言うまでもなく医薬部外品の育毛剤です。

育毛剤の内容としては、頭皮の血行を良くし頭皮を健康に保つことで、結果的に毛が生えやすい状態に整えるというものです。それによって抜け毛や薄毛を軽減させるということですね。中には遺伝子に働きかけて…というものもありますが医学的過ぎて私にはわかりません。笑

髪自体に血管は通じていないですが、根元の毛乳頭と呼ばれる部分は毛細血管とつながっていて、そこから栄養や髪を元気にするホルモンの情報が届けられます。

毛細血管は頭皮の中を通っているので、頭皮が傷んでいれば毛細血管もダメージを受けて栄養は届かず、情報もうまく伝わりません。

これが薄毛や脱毛を起こす原因のひとつとなるため、早い時期からのケアが大切になります。

育毛剤の種類としては、直接頭皮に付けるローションタイプや、飲むサプリメントがあり、どちらも目的は頭皮を健康に導くことです。薬と同じで、塗り薬と飲み薬って感じですね。

自分の頭皮に合う育毛剤を選ぶこと

自分の頭皮に合う育毛剤を選ぶこと

育毛剤を併用するとより効果的なのは間違いありませんが、育毛剤の効果は個人差があるために、全ての人に効果があるとは言えません。

また、男性用と女性用と分かれている商品もあります。そのため、一度試してみて効果がみられなかった時にはすっぱりとあきらめて他の商品に乗り換える方が良いと思います。

試してみて抜け毛が増えてしまったり、十分に効果を実感できない時には全額返金に応じてくれる親切なメーカーも増えているため、気軽に育毛剤を試すことが出来るようになってきています。

育毛剤は安い買い物ではないので『全額返金保証』は上手く利用させてもらうといいと思います。

育毛剤の中でも特に男性から圧倒的な支持を集めている商品としては、天然の植物繊維が多く含まれているものがあります。

こうした商品は頭皮を優しく保護することができ、炎症やかゆみを和らげることができるため、抜け毛の原因をおさえることもできます。

薄毛や抜け毛の悩みを抱えている方は少なくありません。そして、他人が思っているほど軽い悩みではありませんよね。私も以前、いま思えば何であんな育毛剤を使い続けてしまったのか後悔しているような商品もありました。

現在では様々なメーカーから育毛剤が販売されていますが、必ずしも自分に適した商品かどうかは利用してみるまで分かりません。

ただ、インターネット上で様々な口コミを参考にすることによって、購入に失敗するリスクを避けることができるのも確かです。

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の使用は、既に抜け毛や薄毛に悩んでいる方はもちろんですが、予防するという考え方が大事です。

基本的な使い方としては、お風呂からあがったら、髪の毛が濡れている状態で頭皮に全体に塗布します。

そして軽くヘッドマッサージをしてからドライヤーで髪と頭皮を乾かします。

乾いた後にも頭皮に育毛剤を軽くつけて、自然乾燥するまでそのままにするとより効果的です。

シャンプーの後のマッサージもさらに効果的。

ただマッサージするのではなく、育毛剤を頭皮全体にまんべんなくつけて揉み込むようにマッサージして完了。

では、順番に見てみましょう。

1.まずはしっかりとシャンプーします。

この時、爪を立てないように指の腹でマッサージするようにこすり洗いをします。爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうため、地肌の肌荒れにつながりフケやかゆみにつながります。

力加減が上手く出来なかったり、これからは本格的に頭皮のケアをしたいという人には、こちらを本気でおすすめします。これ私も使っていますがすごくいいですよ。

毎日のシャンプーが苦じゃなくなります。スッキリ感がすごいです。

 

おすすめの電動シャンプーブラシ『頭皮エステ』のマッサージ効果が凄い!

2.しっかりと髪をすすぎます。

流し忘れのないようにしっかりと洗い流して下さい。

3.指の腹で頭皮マッサージします。

頭皮に弧を描くように大きくマッサージします。押したり離したり、地肌を動かすようにするといいです。タッピングといって軽く全体的に叩くのもいいですね。

この頭皮マッサージはとても効果的なのでしっかり行って下さい。湯船に浸かっている間にやるのもすごく良いです。

4.髪の毛を乾かします。

髪の毛を乾かす時は、まず全体の根元(地肌)から行って下さい。根元が乾いたら最後に毛先を乾かします。根元を左右に振るように乾かすと根元が立ち上がってボリュームアップします。

ドライヤーをあてる角度は地肌に対して45度にするのがベストです。そうすると根元が潰れないようにしっかりと乾かすことができます。

5.育毛剤を付けます。

まず頭皮全体に数プッシュを付けて、それから指の腹で全体に伸ばしながらマッサージするようにつけます。

育毛剤によって適量が違ってきますが、頭皮全体が軽く湿る程度で自然と乾くぐらいが適量です。全体に良く伸ばしたらもう一度大きく全体をマッサージして完了です。

育毛剤はむやみにたくさん付けても効果は変わりませんので注意して下さい。たくさん付けるよりも、朝と夜とか使う回数を増やした方が効果的です。

頭皮が少しスースーするぐらいがベストです。

育毛剤の知識

育毛剤の知識

市販薬で『効果がある』と言えるのはリアップだけ?

薬事法の観点からすれば、市販薬では塗布剤のミノキシジルしか医学的に「効果がある」と認めていないということです。というのはミノキシジルが配合されている第1類医薬品の育毛剤は現状、大正製薬のリアップだけとなります。

じゃあ他の育毛剤と呼ばれているものは効果がないの?と普通は思いますが、育毛は様々な要素が関係しているため、そうではありません。

もしそうだとしたら育毛剤と呼ばれているものがすべてNGとなっ てしまいますよね。

医薬部外品で発売されているということは、効果が期待出来る成分が配合されているレベルにはあります。

逆にミノキシジルはバイアグラなどと同じでリスクも高いので、個人的にあまりオススメできません。

ミノキシジルの発毛作用と副作用

ミノキシジルはファイザー製薬が開発した血管拡張剤の一種です。

もともと血圧の薬、血管拡張剤として開発されたミノキシジルの副作用として発毛効果が見つかりました。血流を増幅し血流改善による増毛作用です。

注意点として、ミノキシジルは第一類医薬品だけに副作用のリスクも少なからずあるということです。

一般的に、ミノキシジ゙ルの効果で生えた髪は、『それをつけるのをやめると抜けてしまう』と言われています。すなわち薬の効果で生えているだけと言うことになります。

だからと言ってミノキシジルを長期間使用するのはリスクが高まります。

入手方法ですが、個人輸入サイトを利用してミノキシジルのタブレットなどを購入することも出来るようですが、安全性については謎です。個人的にはまったくもっておすすめしません。

外見を良くしたいという思いで育毛に取り組んでいたにも関わらず、結果的に何かの副作用があって体を壊してしまったら、元も子もありませんよね。

育毛対策には、医薬品だからミノキシジルが絶対に良いということではありません。

生活環境改善や抜け毛対策用低刺激シャンプー剤への変更、育毛剤の使用でも効果を得られる可能性は十分にあります。

もし育毛剤で効果がなかったら?

もし育毛剤で効果がなかったら?

育毛剤を使い続けて効果がある人は年々増えているといいます。しかし残念ながら一向に効果が現われないという人も少なからずいますよね。

これは脱毛の進行具合に大きく比例します。予防程度で済む人ならともかく、完全に抜け毛や薄毛が進行してしまっていたら、育毛剤の力だけでは手に負えません。

そういう時、もしメーカーの育毛剤を使い続けて効果がなければ、1カ月~3カ月ぐらいは全額返金保証もついているので、返金してもらうことができます。

しっかりと実践して効果がないようならば、返金してもらった方が賢明です。保証というのはそういうものですからね。

では、育毛剤で頑張ったけど報われなかったら次はどうしたらいいのか?

次の手として考えられる方法はいくつかあります。

  1. AGA治療外来
  2. 植毛
  3. かつら・ウィッグ
  4. 増毛

これぐらいでしょうか。それぞれの方法と費用、メリットやデメリットについても説明していきますね。

植毛

植毛は頭皮に人毛や人工毛を植え込む手術を行います。主に部分ごとになります。発毛、育毛においては最終手段となることが多く、育毛剤や増毛などの数ある中で一番敷居が高いのが植毛でもあります。

植毛の手術には主に2種類あります。

  • 自毛植毛
  • 人工植毛

これは手術の方法の違いで、最近は自毛植毛が人気で一般的になっているようです。

その理由は、人工植毛は安価で手軽にできるというメリットがありますが、耐用年数が2年~3年と短く、その度に植え替えの手術をしなければなりません。

いくら最初が安いからと言って度々付け替えていたら、その都度費用もかかるし傷跡だって残ります。それらを考慮すると自毛植毛を選ぶ人が断然多いのです。

植毛の費用

残念ながら保険は適用されず、全額自己負担になります。自毛植毛にも様々な方法があり、手術費の他に植え込む毛髪の本数や株単位の数で費用が大きく変わりますが、それは元々の脱毛の進行具合によって違ってきますので、料金はまちまちです。

費用は脱毛の程度によって大きく異なり、おおまかな平均相場で50万~150万円ぐらいだそうです。

メリット

植毛のメリットとしては、まったく地毛が無い状態、すなわち完全にハゲてしまっていても手術により短期間で髪の毛を生やすことができます。

毛がまったく生えていないスキンヘッドでも髪の毛を生やせますが、自毛植毛の場合はサイドや後ろに毛が生えている部分を使用する。即効性があり完成度も高く、髪の毛と見分けがつかない。

デメリット

手術を要するため、全額自己負担の高額費用や体の負担が大きいと言えます。痛みもあります。

トータル的な費用は他の施術とさほど変わらないとも言われており、それぞれにメンテナンス費などを考慮すると、植毛だけが高いとは決して言いきれないのです。

もうひとつデメリットとして、急に髪の毛が増えるので周りからすぐ気付かれてしまうというのがあります。

いかにも『植毛しました』というように周りにバレてしまうのが嫌で、そのためにやらないという人が多いのも特徴です。その辺はカツラ・ウィッグも同じですね。

かつら・ウィッグ

ひと昔前は薄毛やハゲを隠すものとして一般的なモノでしたが、最近は少なくなってきています。それは薄毛の人は増毛や育毛剤という選択肢が増えたためです。

しかし毛がまったく生えて来なくなった頭皮に髪の毛を取り付けるのは、かつらやウィッグを除くと植毛しかなくなってしまうため、植毛よりはかつら・ウィッグを選択する人が多いようです。

女性の薄毛対策として部分ウィッグを購入する人も増えています。

メリット

  • 植毛同様にスキンヘッドになってしまっている部分にも装着できる。
  • 体に負担がかからない。
  • 全体のかつらや部分ウィッグでもオーダーメイドで作ることができる。
  • 種類が豊富で髪の毛の色もいろいろ選べる。
  • 取り付けが簡単で気軽に装着できる。

デメリット

取り外しができるため、バレてしまう瞬間があるかもしれない。

増毛

育毛剤で効果がなかった場合の次の手段として増毛を選択する人はかなり増えているようです。薄毛の人が対象となりますが、完成度の高さ、安全性、費用の面などをトータルすると増毛が人気な理由もわかります。

最終的には費用の面で決める人が多いと思いますが、最近ではかつら・ウィッグにしても増毛にしても、月額制や年額制が採用されていて、その間はメンテナンス料などのその他費用を無料にしています。

増毛は薄毛であってもいま生えている髪の毛の根元から人工毛を結び付けて、1本を3本、3本を9というように髪の毛の量を増やして行きます。

本数単にで取り付ける方法と、ある程度本数がまとまっているシートで株単位で増やしていく方法とあります。

育毛剤では手に負えなくなったら、その次の段階として増毛を選択する人が多い傾向があります。

増毛の費用

増毛する髪の毛の量によって違ってきますし、それに各社によって料金もまちまちですが、大まかな相場としてはトータルで100,000円~150,000円ぐらいと言われています。

ワンパッケージ7万円~8万円ぐらい。脱毛の進行具合によってパッケージ数が変わります。

ただ、こめかみの生え際だけとかであれば30,000円~だったりするので、部分によってだいぶ差が出てきますので最初のカウンセリングでしっかり確認した方がいいですね。

そして、貼り付けるシートタイプにしても根元に結んで付けるタイプにしても、どちらもメンテナンスが必要なので、そのメンテナンス費用を考慮する必要があります。これは髪の毛は伸びてきますので、根元に結びつけていた部分も同時に伸びてしまうからです。

メンテナンスは1カ月に1回というところもあれば、3カ月に1回ぐらいというところもあります。この辺は増毛した部分によっても変わってくると思います。

メンテナンス費用は1カ月あたり10,000円ぐらいを目安にしておくといいかと思います。

メリット

完全にハゲてしまっていると施術を受けることはできません。あくまでベースとなる自毛に対して人毛や人工毛を取り付けるという方法です。

それなので基本的には薄毛の人が対象になり、M字の生え際部分や頭頂部、分け目などの部分的な増毛をする人が多いです。増やしたいところに自由に増やせるのもメリットですね。

周りに気付かれないように少しずつ増やすこともできるし、一気に短時間で増やすこともできます。早いものであれば1時間で1万本近く取り付けることができます。日本人の頭髪全体の本数の平均は約10万本と言われているので、部分的な増毛であれば1時間~2時間でほぼ完了するほどです。

最近は人毛よりも人工毛の方が耐久性があって地毛とも見分けがつかないため採用されているケースが多いです。

増毛法にも各社様々な方法があり、最新のはとにかく自然な仕上がりになることを優先して開発されています。根元から取り付けますが、マイクロスコープで見ない限りはその結び目が分からなかったり、普通の生活では見分けることができないぐらい自然です。

ヘアカラーに関しても増毛する髪の毛のカラーを選べるため、黒髪~白髪まで自分の髪の毛と色を合わせることが出来ます。

痛みは一切なく、自毛と見極めがつかないほど完成度が高い。ヘアスタイルを変えたりパーマをかけたりと、自毛とまったく同じ生活が送れます。水泳などのスポーツをしても問題ありません。

毛量は一気に増やすこともできるし、少しずつ増やすこともできる。

薄毛で悩んでいる人がボリュームアップさせる方法としては増毛がベストな方法といえます。

AGA治療や植毛はどちらも少なからず体の内側や外側に負担をかけてしまう方法ですが、増毛ならかつらやウィッグ同様に一番安心な方法とも言えます。

デメリット

自毛の髪の毛がないと増やすことはできない。伸びた分をカットして付け直したりするメンテナンスは必ずサロンで行う必要があり、2カ月~3カ月のペースで通うことになる。

育毛剤の効果と正しい使い方まとめ

育毛剤は、土台となるシャンプーやマッサージがしっかりと出来ていてこそ始めて効果が発揮されます。

薄毛や抜け毛が気になってきたから育毛剤を使うというのはとても大事なことですが、頭皮環境に影響すること全てに注意する必要があります。

せっかく育毛剤を使うのですから、最高に効果的な使い方をして下さいね。そうすれば普段から頭皮を健康的に保つことができますので、脱毛を抑制することができます。

それだけでも抜け毛や薄毛は防げるものです。

ぜひこれを機に一度見直してみて下さい。

フィンジア育毛剤!業界独自の高配合成分!反動無し!







  関連記事

髪の枝毛や切れ毛の原因と対策!ヘアケアで綺麗な髪に!?

髪の傷みが進行してくると多発するのが枝毛や切れ毛。見た目も手触りも非常に悪く、とても気になってしまいます。髪の枝毛や切れ毛の原因と対策についてご紹介します。

洗い流さないトリートメント『ラサーナヘアエッセンス』の口コミは?

洗い流さないトリートメント『ラサーナヘアエッセンス』の口コミは?

人気の洗い流さないトリートメント『ラサーナヘアエッセンス』。商品特徴とその効果、口コミも併せてご紹介します。

前髪が薄くなってきたかも!?抜け毛や薄毛の原因と対策!

前髪が薄くなってきたかも!?抜け毛や薄毛の原因と対策!

前髪が薄くなってきたかも…と感じてきたり、一日の抜け毛が100本以上だと感じたら抜け毛・薄毛の対策を!その原因についてもご紹介します。

第一印象は見た目!人気の髪型を維持するためのお手入れ

第一印象は見た目で決まると言われています。人気の髪型を維持したり見た目を良くするためには毎日の髪の毛のお手入れが重要です。ヘアケアのポイントを紹介します。

SNSの口コミで大人気!『リュミエリーナ ヘアビューザー2』は魔法のヘアドライヤー?

いまSNSの口コミや芸能人・モデルのブログで話題になっている人気のヘアドライヤー『ヘアビューザー』。魔法のドライヤーと言われているその効果とは?ここで詳しく紹介します。

髪への効果が違う?リンス、コンディショナー、トリートメントの違いとは?

髪への効果が違う?リンス、コンディショナー、トリートメントの違いとは?

リンス、コンディショナー、トリートメントの髪への効果の違いとは?いま人気の洗い流さないトリートメントの効果と使い方も併せて紹介しています。

かさぶたがある!?頭皮に湿疹やニキビができる原因と対処法

かさぶたがある!?頭皮に湿疹やニキビができる原因と対処法

いつの間にか頭皮にかさぶたが出来ていることがあります。これはすなわち頭皮に傷が出来ていた証拠。頭皮に湿疹やニキビができる原因とその対処法について説明します。