*

自分に似合う髪色は?ヘアカラーの色選びは『アッシュ系』がおすすめ!

      2017/08/18

自分に似合う髪色は?ヘアカラーの色選びは『アッシュ系』がおすすめ!

ファッションやメイクと共に、外見を大きく左右する要素となっているのがヘアスタイル、そしてヘアカラーです。

自分に似合う髪色を探すことで、自分が本来持っている肌色や目の色をお洒落にみせることができます。

また、髪のコンプレックスはカラーリングで簡単に解決出来る場合もあります。

ヘアカラーも、全身のバランスを考えてコーディネイトをすることが大切。


ただ、美容室だったり市販のヘアカラーだったり、ヘアカラーの色選びをする際、今一つ自分に似合うイメージがわかなくて迷ってしまうことも多いですよね。

確かに、どんなカラーを乗せればどのように変化するのかイメージが湧かないのも無理のないところでしょう。

でも、せっかくなら理想的な髪色を目指したいものです。

今回は、ヘアカラーの色選びでポイントとなる部分と、人気のアッシュ系の髪色について紹介します。

自分に似合う髪色とは?

自分に似合う髪色とは?

カラーリング全盛の現在では、様々な色調のヘアカラーを選ぶことが可能になりました。

このような選択肢の多い状況では、自分に似合う髪色を見つけることがイメージアップをはかるためのコツになります。

似合う髪色は、

  • 地肌の色
  • 目の色
  • 顔立ち
  • 性格・雰囲気
  • 日頃のメイク
  • ライフスタイル(学校・仕事)

などによって似合わせていきます。

一番簡単なのは、地肌がイエローベースなら暖色系の髪色ブルーベースなら寒色系の髪色にするのが似合わせやすいです。

最近では様々な要素を材料に、自分に似合う髪色を見つける「パーソナルヘアカラー診断」なるものも登場していますが、これはカウンセリングを受ければ自分にピッタリのカラーを見つけることが出来るというものです。

似合うファッションやメイクも同時にアドバイスされるため、髪色と合わせてトータルでビューティアップがはかれるというわけです。

ただ、残念ながらパーソナルヘアカラー診断はまだ身近で受けれるものではありません。

それなので、自分に似合う髪色にするには、まずは経験のある美容師さんの元で似合わせの施術を受けることが確実な仕上がりを得るためのベストな方法と言えます。


基本は自分のなりたいイメージで色選び!

基本は自分のなりたいイメージに合った色選びを

あまり難しいことは考えず、自分のなりたいイメージに合う色選びをしていくことも大切です。

ヘアカラーには、イエロー系、レッド系、ベージュ系、アッシュ系といった微妙なニュアンスのカラーバリエーションが多くあり、それぞれ微妙に印象が変わってきます。

まずは自分のなりたいイメージや雰囲気をヘアカタログで把握しておきましょう。

ちなみに海外では、その時の気分やタイミングをすごく大切にする文化があり、ヘアカラーにしてもその時の気分を髪色に取り入れます。

つまり、『自分に似合う髪色はこの色』と決めつけず、その時の気分でヘアカラーを楽しむのもおすすめです。

【女性】アッシュカラーのヘアスタイル一覧

【男性】アッシュカラーのヘアスタイル一覧

色選びで失敗すると不自然に

色選びで失敗すると不自然に

ヘアカラーの色選びに失敗すると、似合わないどころか、場合によっては不自然に見えたり、暗く下品な印象になってしまうこともあります。

可愛い、綺麗とはかけ離れた雰囲気になってしまうことも。

特に、赤みや黄色みの強い髪色の場合には、地毛の色によってイメージと異なる色調になってしまうことも多いので注意が必要です。

赤味が出やすい髪質を考慮する

日本人がヘアカラーをすると、どうしても髪質的に赤みが出やすくなります。

それも、ヘアカラーをした赤系の色とは違い、赤茶色のような不自然な色になりやすい。

そんな赤みのある髪は肌の色やファッション的にも合わせにくいという意見が多く、どちらかというと避ける人が多いとされています。

ヘアカラーにおいては、そんな赤味を抑えて綺麗な色に髪を染めたいという女性が多いのです。

赤味を抑えることができるのがアッシュ系のヘアカラー

赤味を抑えることができるのがアッシュ系のヘアカラー

赤みの出やすい髪色を打ち消すことができると人気なのがアッシュ系カラーです。

そもそも、アッシュとは灰という意味で、色合い的にはグレーのくすんだニュアンスのある色味です。

これを基本のブラウンのヘアカラーと合わせることで、赤みがなくスモークがかかったような落ち着いた色合いにすることができます。

アッシュ系の人気が高いのは、この赤みを抑える効果もそうですが、それ以外にも柔らかく透明感のある雰囲気を作ることができるからと言われています。

しかも、アッシュ系で仕上がった色の特徴であるマットでツヤ無しの質感は、外国人女性の髪質に似ているということも人気の理由です。

また、アッシュ系は地肌の色に左右されず、どんな方にも似合う髪色として人気です。


アッシュ系で注意するのは髪の明るさ

アッシュ系で注意するのは髪の明るさ

アッシュ系は、髪の色が暗いとその色味が出にくく、黒髪とほとんど変わらなく見えてしまいます。

独特のくすんだ柔らかい風合いを出すには、髪を明るめに染めることが必要です。

アッシュ系の色の特徴を表現するには、美容院にあるカラーチャートでも最低8トーン以上の明るさを選びましょう。

また、一般的に髪色が最も綺麗に見えるとされるのが、8トーンと言われています。これは暗すぎず明るすぎずちょうど良い明るさです。

白髪染めにもアッシュ系のブラウンが人気

白髪染めにもアッシュ系のブラウンが人気

30代にもなると顔周りや頭頂部に白髪が生えてくるようになりますが、そんな時もアッシュ系の白髪染めが人気です。

注意点として、普通のアッシュ系のヘアカラーで白髪を染めてしまうと、黒髪は染まりますが白髪は染まりません。

でも、アッシュ系ブラウンで染めることにより、白髪染めとしても使えるのです。この時の色選びのポイントは、ブラウンベースであるということ。

ヘアカラーの色のバリエーションは豊富にあり、その中にアッシュブラウンという色があります。これであれば、白髪があったとしても、普通のアッシュ系の色で全体を染めたのと変わらない仕上がりになります。

具体的には、灰色と茶色を混ぜたベージュのような色で、これにより落ち着きのある色合いに仕上がり、この色で白髪にも染まるため全体が馴染むということです。

落ち着いた雰囲気よりも華やかなイメージにしたい場合は、明るめのアッシュブラウンを選びましょう。

明るいアッシュであれば、染めた色が落ちてきても白髪が目立ちにくいという利点もあります。

しかし、白髪がしっかりと染まるのは8トーンぐらいまでなので、白髪染めをする場合はその範囲内に収める必要があります。

実際に染めてみると分かりますが、落ち着いた品のある髪色に仕上がります。光も反射しにくいので、白髪はほとんど目立ちません。

アッシュ系は色持ちが悪い

アッシュ系は色持ちが悪い

アッシュ系のヘアカラーはその色味の性質上、どうしても色落ちがしやすいとされています。

さらに、髪の毛が傷んでいると色落ちが極端に早くなります。

色の長持ちを考えて染める際には、希望よりもやや暗めのアッシュを入れてもらうのが良いでしょう。

このようにすれば、暗い状態から少しずつ色落ちしていくうちに、ちょうど良い明るさになっていくからです。

また、明るめのアッシュにする場合は髪のダメージがかなり大きくなるので、ヘアケアも忘れずに!

髪質改善・くせ毛のまとまりと驚きの手触りに
シャンプーで髪は変わる!★5日分お試しサンプル送料無料【クイーンズバスルーム】





  関連記事

アッシュが人気の理由とは?ヘアカラーの色の種類はこんなにある!

髪色を変えるだけで気分が変わります。 これからなにかアクションを起こしたい人はまずは髪型やヘアカラーから変えてみるのもいいかもしれません。 人は見た目から入る生き物。あな

no image

どれ使えば良い?市販ヘアカラーの色選びを診断してみよう!

市販ヘアカラーの色選びで失敗しないポイントを紹介しています。色のしくみを知って自分に似合うかどうか診断してみよう!

ブリーチで髪を綺麗に明るくする方法とダブルカラー

これから自分で髪の毛をブリーチする人は参考にして下さい。綺麗に明るくする方法や注意点、そしてダブルカラーについても説明。

ヘアチョークでも出来るグラデーションカラーとは?

今流行りのグラデーションカラーとそのやり方について。ヘアチョークやカラーバターを使った様々な方法を紹介します。

カラーバターを使って髪の毛をセルフカラーするのがおすすめ

自宅でセルフカラーをする時におすすめなのがカラーバター。一般的なヘアカラーよりも簡単に綺麗に髪の毛を染めることができます。

髪の色に合ってる?眉毛が濃いなら脱色しちゃおう!

髪の色を明るくしたらそれに合わせて眉毛も明るくした方が自然です。眉毛を自分で脱色してふんわり眉毛にする方法を説明します。

傷んだ髪にヘアカラーやパーマをするには処理剤が必要!?

髪の毛が傷んでいる状態でヘアカラーやパーマをするのはとても危険です。そんな時に必要なのが処理剤。そのしくみと効果を説明します。