*

パーマがすぐとれちゃう原因と長持ちさせるシャンプーの方法

      2017/08/12

パーマがすぐとれちゃう原因と長持ちさせるシャンプーの方法

せっかくかけたパーマがすぐとれちゃった…

美容院で綺麗にパーマをかけてもらってウキウキな気分だったのに、次の日にはとれちゃった…。

なんていう経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

せっかくパーマをかけたのに、早ければ翌日にはパーマがとれてしまうということもよくあることです。

パーマは、1カ月から2カ月ほどは長持ちすると言われています。


そもそもパーマネントウェーブという名前からしても永久にウェーブにするものなはずですが…

たしかにパーマをかけてそのままにしておけば、ずっとウェーブがかかった状態をキープできます。

しかし、私たちは普段の生活の中で髪の毛を触ったり、毎日シャンプーしたりドライヤーを当てたりしますよね。

そのような日常生活による髪への物理的なダメージによってパーマがとれてしまう原因になってしまっているのです。

…ということで、パーマが長持ちしない主な原因をまとめてみました。

美容師さんがミスすることも?

美容師さんが薬剤やロッド選定をミスすることも?

パーマは美容院のメニューの中でもかなり難しい技術のひとつです。

なぜなら、お客さんひとりひとりの髪質も違えば傷み具合も違うからです。

そのような状態で全ての人に綺麗にパーマをかけるのはもの凄く大変な施術です。

美容師さんもプロですが、どんな人にも常に100%の仕上がりを提供することはできません。

時には手に置えないような髪質だったり髪の状態だったりすることもあるのです。

基本的にはお客さんの希望通りのヘアスタイルになるように精一杯あの手この手で施術をしますが、必ずしも理想通りになるとは限りません。

薬剤やロッド選定をミスしてしまうと、しっかりと毛髪内部にパーマがかかっていない不完全な状態で施術を終えることになってしまいます。

このような状態ではパーマが長持ちすることはありません。なお、美容院ではパーマのクレームがとても多いそうです。

パーマをかける前の髪の傷みがひどかった。

パーマをかける前の髪の傷みがひどかった。

あまりにも髪が傷んでいると、せっかくパーマをかけても数回シャンプーしただけですぐにとれてしまうことがあります。

傷んでいる髪の内部は本来であればあるはずのタンパク質がなく、スカスカな空洞のようになってしまっています。

そのような状態の髪の毛にいくらパーマをかけても作用する部分がなく、すぐにとれてしまいます。

あまりにも髪が傷んでいる状態であれば、カウンセリングの段階でパーマ施術を断られることもあります。

そのような時は無理してパーマをかけないように。

もうパーマをかけてしまった後なら、トリートメントでしっかりとケアすれば切れ毛や枝毛を防ぐことができます。

シャンプーで髪は変わる!★5日分お試しサンプル送料無料【クイーンズバスルーム】

髪質が強い、直毛の人。

髪質が強い、直毛の人。

直毛であまりにも強い髪質の場合もすぐにパーマがとれてしまう傾向があります。

そういう人は美容師さんと相談して希望のパーマよりも強めにかけてもらう方が長持ちします。

なお、美容院でパーマを強くかけるというのはロッドを小さくすることです。

それに伴ってウェーブの大きさが希望よりも小さくなってしまいますが、それが徐々に解けてくるとちょうどいい大きさになっていきます。

ウェーブやカールが小さい方が解けるまでに時間がかかるため長持ちするというわけです。

なお、パーマの薬剤そのものの強さは髪質に応じて決まっているため、薬剤を強くすればパーマが長持ちするというわけではありませんので注意して下さい。


日々のお手入れの仕方が悪い。

日々のお手入れの仕方が悪い。

しっかりとかけてもらったパーマを長持ちさせる最大のポイントは、自宅での日々のお手入れをしっかりすることです。

冒頭でも説明しましたが、日常生活における髪への物理的ダメージがパーマの持ちを悪くしてしまうのです。

パーマはそのままにして長持ちすることはまずありませんので日々のお手入れをしっかりすることで長持ちさせることができます。

日々のお手入れで特に気を付けるべきポイントはこちらです。

髪の乾かし方に注意する。

髪の乾かし方に注意する。

ドライヤーで髪の毛を乾かす時に、いつものように引っ張りながら乾かしてしまうとパーマがダレてしまう原因となります。

パーマをかけている時の髪の乾かし方は、毛先をクルクルと捩って高い位置で握って乾かすのがポイントです。

あと、髪の乾かし過ぎも良くないと言われています。

パーマをかけた髪の毛は水分を含むことによってウェーブやカールが戻りますので、わずかに湿っている状態になったらあとは自然乾燥させるぐらいがちょうどいいです。

ドライヤーの選び方のポイントとおすすめをランキング!

スタイリングをしっかりする。

スタイリングをしっかりする。

パーマヘアはただ乾かしただけではヘアスタイルが決まりません。

しっかりとスタイリングをするからこそ綺麗なパーマを再現できるのです。

ただ乾かしただけだとウェーブが伸びてしまったり毛先がバサバサに広がってしまいます。

上記のように毛先をクルクルしながら乾かし、そして最後に水分の多いムースやワックスなどを手にとって、握って揉み込むようにスタイリングをしましょう。

最後に、パーマの持ちを左右するシャンプーの方法について説明したいと思います。

パーマを長持ちさせるシャンプーの方法

パーマを長持ちさせるシャンプーの方法

パーマをかけた当日はシャンプーをしない。

パーマの施術をしてからしばらくの間は、ウェーブがとても不安定な状態です。

その状態でシャンプーをしてしまうと、せっかくかけたパーマを伸ばしてしまうことになります。

でも、美容院から帰宅した状態でそのまま夜寝るのはちょっと抵抗ありますよね?

そんな時は、軽く洗い流したりコンディショナーを使う分には問題ありません。

日々のシャンプーの仕方に注意する。

強くゴシゴシ洗ってしまうとパーマは簡単にとれやすくなってしまいます。

洗い方のコツとしては、頭皮に関してはしっかりと指を当てて、髪の毛の中間から毛先にかけてはやさしく揉み込むように洗うのがポイント。

髪の毛同士を強く摩擦をさせたり、引っ張ったりするとすぐとれてしまいます。

パーマヘアに適したシャンプー剤を使用する。

パーマは還元と酸化という化学反応を利用して髪をウェーブさせるものです。

実はその時に使用するパーマ剤が髪の中に残留してしまい、しばらく髪にダメージを与え続けてしまいます。

そのまま髪の毛がひどく傷んでしまうと、せっかくのパーマがどんどんとれてしまうのです。

それなので、パーマヘアを長持ちさせるためには、髪の内部を補修できる効果のあるシャンプーを使用することをおすすめします。

さらに、洗浄力が強めのシャンプーを使用してしまうと、それによってパーマがとれやすくなってしまいますので、洗浄力の優しいタイプを選ぶのもポイントです。

パーマによって傷んだ髪のダメージ補修ができて、なおかつ洗浄力の優しいシャンプーがおすすめです。

髪質改善!薬用シャンプー【クイーンズバスルーム】

詳細: もうイヤ!くせ毛でまとまらない髪型とうねる前髪の対処法は?





  関連記事

雰囲気が変わる!前髪にパーマをかけてアレンジしてみよう!

ヘアスタイルの雰囲気を変えたい時は前髪にパーマをかけるのがおすすめ!パーマのかけ方による前髪の色んなアレンジを紹介します。

ボブにパーマをかけてみよう!全体に?それとも毛先だけ?

なんとなくボブの髪型に物足りなさを感じたら、パーマがおすすめ!ボブにパーマをかけてみたい人は参考にしてみて下さい。

髪を傷めずに巻き髪やストレートに!おすすめのヒートケア低温ヘアアイロン

髪を傷めずに巻き髪やストレートに!おすすめのヒートケア低温ヘアアイロン

毎日ヘアアイロンを使って巻き髪やストレートにしていると、髪が激しく傷んでしまう結果となります。そんな方におすすめなのが『ヒートケア低温ヘアアイロン』です。

エアウェーブのメリットは?クリープパーマのしくみと方法

通常のパーマよりも少ないダメージでウェーブになるクリープパーマ。そのしくみと方法、併せてエアウェーブについても説明します。

人気ランキングでおすすめのコテは上手に巻けない?

人気ランキングでおすすめされているコテでは自分で上手に髪を巻くことができません。それには意外な理由があるのです。

ゆる巻きヘアスタイルの作り方!おすすめのスタイリング剤は?

ゆる巻きヘアスタイルの作り方!おすすめのスタイリング剤は?

ゆる巻きヘアスタイルの作り方、おすすめのスタイリング剤も紹介します。

パーマの種類を知って、思い通りのヘアスタイルに!

初めてパーマをかける人や、いつも思い通りのヘアスタイルにならないという人は、パーマの種類や知識を参考にしてみて下さい。