*

パーマをかけるために必要なパーマ液の種類と特徴について

      2017/08/12

パーマをかけるために必要なパーマ液の種類と特徴について

非常に分かりづらいパーマ液の種類、そしてその化学反応である酸化と還元をまとめてみました。

興味のない人は飛ばしちゃって下さい。笑

美容師さんはヘアカラーやパーマで酸化剤や還元剤というケミカルな薬品を使用していますが、そのしくみは奥が深く、難しいですよね。

最終的には薬剤に頼らざるを得ないところがあります。

最近では市販でヘアカラー剤やパーマ剤・ストレート剤なども販売されているので、一般の方も少なからず触れる機会はある内容だと思います。


パーマ液は還元剤と酸化剤

パーマは、パーマ1液と呼ばれる還元剤で髪の結合を切断し、2液の酸化剤で再結合することによってかかります。

まず、パーマ液の種類を知るにあたって、酸化と還元の化学反応を知っておく必要があります。

中学生レベルなので当たり前すぎて怒られるかもしれませんが、ケミカルはちょっと苦手…という方はこの4つだけ覚えておくといいと思います。

ただ、ややこしいところは、酸化と還元は、酸化剤と還元剤では全く意味が逆になるというところです。

酸化剤は相手を酸化させる、還元剤は相手を還元させるものです。

  • 酸化は酸素を得て水素を失う。
  • 酸化剤は、相手に酸素を与えて自身は還元される。
  • 還元は水素を得て酸素を失う。
  • 還元剤は、相手に水素を与えて自身は酸化される。

ということで、美容院で使う最も代表的なパーマ液(還元剤)の種類と特徴を紹介します。

チオグリコール酸アンモニウム(別名:メルカプト酢酸)

通称「チオ」

最も一般的でパーマで使用される還元剤の中では、ウェーブ効率がとても良く作用が安定している還元剤。

チオグリコール酸アンモニウムとは、チオグリコール酸とアンモニア水を中和してチオグリコール酸を塩にしたもの。

チオグリコール酸単品と比べると危険性が少ないパーマ液です。

還元剤としての作用は、チオグリコール酸は自身は簡単に空気中で酸化されて、毛髪に対しては水素を与えることで還元します。

チオグリコール酸自身は酸化されるとジチオジグリコール酸になります。

パーマ液には還元剤以外にもアルカリ剤が一緒に含まれているので、ウェーブ効率は還元剤の濃度やアルカリ剤の種類によっても大きく変わります。

アンモニアの揮発性のため刺激臭がします。

いわゆるパーマ臭と呼ばれるものですね。専門用語ではメルカプト臭といいます。

システイン

通称「シス」

チオに次いでパーマ液の中でメジャーな還元剤です。

システインは毛髪に含まれるアミノ酸の一種で、マイルドな還元剤。

その分髪への負担が少なく還元できます。

還元後にシステイン(SH)そのものが酸化されるとシスチンになり、洗っても髪に残留します。

チオグリセリン

臭気や残臭が強いく、低アルカリ量で高pHにでき、チオ並みにかかるため同じpH・還元力が同じチオと比べてダメージが少ないですが、中性域ではかかりが弱い。


サルファイト

化粧品パーマで使われる還元剤で、別名を亜硫酸塩とも言います。

化粧品用途の還元剤としては、SH基を持たない還元剤なのでとてもマイルドな還元力。

皮膚や身体への影響が少なく安全性が高い。

柔らかい仕上がり。酸性パーマ剤と混同されやすいですが、実際は高アルカリ高pHが一般的。その分髪へのダメージもそれなりにあります。

ラクトンチオール(ブチロラクトンチオール)

酸性領域でアルカリのシス並みにかかり、とても柔らかい仕上がりですが、非常に強い不快臭と残臭があります。

水溶液にすると短時間で分解してしまうため、用時混合しなければならない。

アルカリ性領域でも分解してしまいます。昭和電工の商標登録したパーマ液原料「スピエラ」が有名。

化粧品パーマ代表のシステアミン

低pHでチオ並みにかかる。

ただし配合量に上限(2%⇒5%)があり実際は高pHの商品が多い。

毛髪に独特な残臭がある。

酸性領域でも浸透性が高い。

柔らかい仕上がり。

製品に使用されているのはシステアミンHCl(塩酸塩)です。

化粧品パーマやカーリング料、化粧品ストレート等に使用される還元剤「システアミン」について特徴やメリット、デメリットもまとめました。

システアミン(cysteamine)は、化学式HSCH2CH2NH2の 化合物である。

単純なアミノチオールでありシステインの分解生成物である。と、この時点ですでに意味わかりません。笑

「パーマに使用する還元剤で、化粧品分類である」 ということぐらいで十分だと思います。

あとは特徴を把握しておきましょう。

最近のシステアミンは臭いの面でもだいぶ改善されてきています。

髪が濡れている時はともかく、乾かした時にほとんどにおわないぐらいのものであれば、十分に使える代物であると思います。

特に仕上がりの質感は、他に代えがたいレベルに達しています。

システアミンの残臭対策は?

  1. 中間水洗をしつこいぐらいしっかり行う。
  2. 2剤による酸化をしっかり行う。3度付けが理想的。

まとめ

興味のない方にはとてもつまらない内容でしたよね。笑

ちなみにパーマ剤はどれをとっても一長一短なので、一概にどれが一番いいとか悪いとかは言えません。

パーマ液の種類の違いは、かかりの強さ、質感の違い、髪へのダメージがポイントになります。

仕上がりの質感やウェーブのリッジからみると、システアミンやラクトンチオールあたりが良いと思いますが、その分臭いがキツいので実用的かどうかは疑問です。

パーマの種類を知って、思い通りのヘアスタイルに!





  関連記事

流行りの髪型『ゆるふわパーマ風』にする髪の毛の巻き方

女性に人気のゆるふわパーマ。ゆるく大きな巻き髪のナチュラルさが人気です。ゆるふわパーマ風な髪の毛の巻き方を紹介。

雰囲気が変わる!前髪にパーマをかけてアレンジしてみよう!

ヘアスタイルの雰囲気を変えたい時は前髪にパーマをかけるのがおすすめ!パーマのかけ方による前髪の色んなアレンジを紹介します。

ボブにパーマをかけてみよう!全体に?それとも毛先だけ?

なんとなくボブの髪型に物足りなさを感じたら、パーマがおすすめ!ボブにパーマをかけてみたい人は参考にしてみて下さい。

ゆる巻きヘアスタイルの作り方!おすすめのスタイリング剤は?

ゆる巻きヘアスタイルの作り方!おすすめのスタイリング剤は?

ゆる巻きヘアスタイルの作り方、おすすめのスタイリング剤も紹介します。

パーマがすぐとれちゃう原因と長持ちさせるシャンプーの方法

せっかくかけたパーマが翌日にはとれちゃった…。そんな原因とパーマを長持ちさせるシャンプーの方法を紹介しています。

髪を傷めずに巻き髪やストレートに!おすすめのヒートケア低温ヘアアイロン

髪を傷めずに巻き髪やストレートに!おすすめのヒートケア低温ヘアアイロン

毎日ヘアアイロンを使って巻き髪やストレートにしていると、髪が激しく傷んでしまう結果となります。そんな方におすすめなのが『ヒートケア低温ヘアアイロン』です。

人気ランキングでおすすめのコテは上手に巻けない?

人気ランキングでおすすめされているコテでは自分で上手に髪を巻くことができません。それには意外な理由があるのです。