*

育毛シャンプーは抜け毛に効果がない!?育毛剤との違いとは?

      2017/06/07

育毛シャンプーは抜け毛に効果がない!?育毛剤との違いとは?

『育毛シャンプーと育毛剤でどっちを使うのがいいの?』なんてことを聞かれることがよくありますが、実は両者は用途が別のものになります。

もしこれから育毛シャンプーを使うなら、普通のに比べてそれなりの価格になるので、しっかりと効果があるものを使いたいものですよね。

普通のタイプもピンキリですが、安いモノなら400mlで2,000円、美容院などで売られている高品質のタイプだと400mlで4,000円~5,000円ぐらいが相場です。なかには400mlで10,000円なんてモノもあります。

それでも購入する人が多いらしいのでビックリですよね。

雨上がり決死隊のCMで有名なアンファーのスカルプDは育毛シャンプーとして人気ですが、だいたいこれぐらいの価格です。

市販の普通のシャンプーが400mlで安いモノだと500円ぐらいと考えると、決して安くありません。しかしモノは考えようということで、一回あたりの使用量が男性のショートだと4ml~6ml程度なので2カ月~3カ月分ぐらいあり、使用期間で見ればさほど高くないというのはメリットですね。

さて、価格はさておき、普通のと何も変わらないのであれば使う意味がありません。薄毛や抜け毛に悩んでいない人にとっては使う意味があまりないのと同じですね。

今回は育毛シャンプーと普通ので何がどう違うのか?』を具体的に説明していきたいと思います。抜け毛や薄毛が気になってきた人は、これからどんなのを使えばいいのか参考になるかと思いますので、ぜひ読んでみて下さい。

毛髪蘇生士が20年間研究した天然SORAスカルプシャンプー

育毛シャンプーと育毛剤の効果の違い

育毛シャンプーと育毛剤の効果の違い

育毛シャンプーはその名前からすると『シャンプー+育毛剤』の効果がありそうなイメージがありますよね。知らない人からしたらシャンプーをするだけで毛が生えてきそうな効果がありそうです。

ここでひとつ頭の片隅において置くべき事実があります。

『育毛シャンプーに直接的な育毛効果はない』ということです。誤解されないように言いますが、育毛効果というのは髪の毛が生えてくる効果を言います。

では育毛剤はというと『効果・効能が期待できる』と厚生労働省から認可されている薬用成分が配合されています。

これは、頭皮・毛根に浸透させて栄養を与えることができるからです。育毛シャンプーにも同じように医薬部外品成分が配合されていますが、直接的な効果はハッキリいって無いに等しいです。ただ薬用成分が配合されているにしか過ぎません。

この違いは、シャンプーはあくまでも頭皮と髪の毛を洗うもの、育毛剤は頭皮・毛根に浸透させるものという違いがあります。

そもそも『洗う』という行為は、界面活性剤という成分を使って油汚れやフケなどの不純物を除去して、頭皮や髪の毛を清潔に保つことです。薬用成分が入っているとはいえ、洗うことによって取り除いてしまうため育毛と呼べる効果はありえません。

ただ、頭皮の炎症を抑えたり抗菌して清潔に保つ薬用成分が配合されていますので、フケ・かゆみなどの頭皮トラブルを抑えて、結果的に育毛をサポートする成分にはなり得ます。

それなので直接的な効果はないのですがそう呼ばれているのです。正確には薬用シャンプーという方が正しいですね。

効果としては何よりも『抜け毛予防効果が期待される』ということは言えます。

先ほどお伝えしたように、シャンプーは汚れを落とすものであるのが鉄則ですが、汚れを落とす行為が髪の毛まで落としてしまいます。

地肌と指で擦り洗いをしますので、髪の毛に対して引っ張ったり引っかかってしまって頭皮にとても負担を与えます。

そのような抜け毛・薄毛を防止するのが育毛シャンプーの役目なのです。

育毛シャンプーの洗浄成分『界面活性剤』について

育毛シャンプーの洗浄成分『界面活性剤』について

誤解がないようにあらかじめお伝えしますが、シャンプーの主成分である洗浄成分を界面活性剤と言いますが、それ自体が悪いと言っているわけではありません。

ネット上では口コミで界面活性剤は良くないとか言われたりしていますが、ひとことで悪いというのは説明不足です。

界面活性剤は洗剤と呼ばれるものほぼ全てに配合されていて、日用品には欠かせない成分であることに変わりはありません。もしその界面活性剤が悪いものであったら、まず厚生労働省から認可されていないはずですし、日常生活に支障をきたします。

例えば、コンディショナーやトリートメント、ボディソープ、食器用洗剤、歯磨き粉、石鹸など、ありとあらゆるものに使われています。

では、その界面活性剤の何がいけないのかと言うと、そのものが良い悪いのではなく、強さや種類が様々であって、中にはその用途と合わないことがあるということです。

ひとことに界面活性剤と言っても、その用途と強さは千差万別です。口に入れる歯磨き粉と、たとえば工業用に使う界面活性剤が同じ強さだったら大変なことになりますよね。強力な洗浄成分で口の中がシャレになりません。笑

もしそんなことがあったら確かに界面活性剤=悪という図式になることは間違いありません。

抜け毛防止に向いているシャンプーとは?

抜け毛防止に向いているシャンプーとは?

では、洗浄成分すなわち界面活性剤がどういうものだったら抜け毛防止に良いのかを説明したいと思います。これもずばり言えることは『個人差が大きい』ということ。

とても厄介ですよね。分かりづらさ満載です。笑

それというのも、頭皮が人によってタイプが違うからです。同じ抜け毛でも、脂性の人と乾燥肌の人ではまったく逆になります。

  • 男性に多いのが頭皮の脂性。
  • 女性に多いのが頭皮の乾燥。

これも、ただの傾向にしかすぎず、男性でも乾燥の人もたくさんいるし、女性でも脂性の人もいっぱいいます。

自分の頭皮がどういう状態なのかを把握することが重要

大きく分けると、脂性、乾燥、普通とこの3つを基準に考えればいいと思います。自分の頭皮がどのタイプが判別できたら、次に考えるのが界面活性剤になります。

脂性の人が油分の多いシャンプーを使ってしまうと、さらに脂性がひどくなり、ヘタすると頭皮がベタつくとか、やたらに大きいフケが出たりします。

逆に乾燥肌の人が油分の少ない洗浄力強めを使うと、頭皮が赤くなったり、かゆみや細かいフケが出るようになります。

このように、どちらも自分にあっていないタイプのものを長く使ってしまうと、頭皮の炎症・肌荒れにつながってしまい、その結果、フケ・かゆみ・抜け毛が増えてしまうということになります。それなので自分に適正なモノを選ぶようにすることで、正常で健康な頭皮環境を保つことができ、これが結果的に抜け毛防止につながります。

シャンプーの種類と強さ

  • 頭皮が脂性タイプの人は洗浄力が強めが良い
  • 頭皮が乾燥タイプの人は洗浄力が弱めが良い

さきほどの界面活性剤で言うと、洗浄力の強いシャンプーには主に『ラウリル硫酸Na』や『ラウレス硫酸Na』というものが使われています。

逆に洗浄力が弱く頭皮に優しいと言われているシャンプーは、アミノ酸系と呼ばれる『ココイルグルタミン酸Na』や『コカミドプロピルベタイン』などが使われています。しかしこれはほんの一部で、数十種類とあるので把握し切れないほどあります。

頭皮に優しいシャンプーって?どんなタイプがおすすめなの?

さらにそれ以上に配合量の違いによる強さも考慮しなければならないので、あまり『成分、成分』と神経質になりすぎないように選ぶことも大切です。

強い界面活性剤が少量配合されている場合と、弱い界面活性剤が大量に配合されていることもあるので、強さだけは一概にいえないという問題があるからです。

シャンプーを製造する工程において、その配合成分以外にも様々な処方の仕方があるため、私たち消費者はいくら知識があったとしても判断しきれないのが現状です。

消費者が選ぶうえでの判断材料は、商品の裏面にある全成分表示のみ。配合量の多い成分から順番に記載されているルールですが、実際にどのぐらい配合されているのかはわかりません。

1%未満の配合量に関しては順不同の記載であるため、どこまでが1%未満なのかも判断しきれません。ま、私たちが配合量を分かったところで、その配合量によってどうなのかなんてわかりませんがね。笑

結局、どう選べばいいの?

ちょっと内容が細かい話になってしまいましたが、選ぶ上では要するに『自分が洗浄力が強めが合っているのか、弱めが合っているのか、普通でいいのか』で選べばいいと思います。

この選択を間違えてしまうと逆効果になってしまいますので注意して下さいね。真逆のタイプを使ってしまうことによってさらに抜け毛の原因につながってしまいます。

最終的にはこの程度の判断でいいかと思います。それ以上はもう私たち消費者には判断し切れません。あとは使ってみてフケ・かゆみ・抜け毛が増えたり何かしらのトラブルが出てきたら使用するのを止めて他の商品にするしかありません。

育毛剤の効果をさらにアップさせるのが頭皮マッサージ

育毛剤の効果をさらにアップさせるのが頭皮マッサージ

育毛剤をより効果的に作用させるために必要なことが頭皮ケアと言われています。

頭皮ケアにも色々種類があると思いますが、パッと思いつくのを挙げてみるとこんな感じでしょうか。

  • 頭皮マッサージ
  • 専用のスカルプケアシャンプーを使う
  • シャンプーを正しいやり方で行う

この中でも育毛剤を効果的に使うのに特に効果的と言われているが頭皮マッサージです。

なぜ頭皮マッサージがいいのかというと、血行がよくなるからです。頭皮の血行が良くなることによって、毛細血管を通じて毛根に栄養がまんべんなく行き渡ります。その栄養を元に毛乳頭や毛母細胞が髪の毛を作っていきます。

髪の毛が生えるしくみを考えたら当たり前と言えば当たり前ですが、普段からそれを意識している人はそんなに多くないですよね。

そしていくら育毛剤をしっかりつけていても、頭皮の汚れや雑菌のせいで肝心の栄養が毛根に行き渡らないようではまったく意味がありません。

育毛剤はあくまでも髪の毛が生えるのをサポートするものでしかなく、最終的には自らの力で髪の毛が生えないことには根本的な解決に繋がりません。

そしてどの育毛剤にも使い方の手順に、シャンプーの後にマッサージをして…という風にマッサージを激しく推奨しています。笑。それぐらいマッサージは育毛に必要なことなのです。

でも、頭皮マッサージってどうやるの?

でも、頭皮マッサージってどうやるの?

頭に限らず体全体もそうですが、マッサージってされるのはとっても気持ちいいですよね。でも自分でやるとなると気持ち良さはあまり感じないし、実際にどうしたらいいのかわかりませんよね。

ただ適当に円を描くように揉んでみたり、軽く叩いてみたりしたところで、実際に効果があるのかないのかわかりません。

そう思いながらやっていると、そのうち面倒臭くなってしまって結局やらなくなってしまったりしませんか?私はいつもそのパターンでやめてしまうことが多いです。

重要なのは、正しいやり方とその効果を実感できること。それがあってこそ始めて継続することができるし、モチベーションにも繋がるものです。

『じゃあその正しいやり方ってどうしたらいいの?』と思ってインターネットで色々調べてみましたが、丁寧にも図入りで説明してくれてあるけどなかなかわかりづらいです。

技術的なものは実際にやってもらったりやってるところをみて始めて覚えられるものなので、素人がちょっと写真入りの説明をみたところで理解し切れません。

エステティシャンの方もそうですが、技術を習得するのには時間も努力も相当なものだったと思います。

『どうしたらいいのかな…』と途方に暮れていたところで見つけたのが頭皮エステでした。

頭皮のマッサージなら頭皮エステにまかせよう!

ところで『頭皮エステ』は知っていますか?名前そのままなんですが、実はこれ商品名なんです。

 

この頭皮エステの最大の特徴は、自宅でシャンプーしながらヘッドスパができるというものです。もちろん自動です。

ヘッドスパ、すなわち頭皮の本格的なマッサージができるのですが、よくこういった商品はけっこう作りがひどいモノも多く、最初のイメージはおもちゃみたいな印象がありましたが、この頭皮エステはかなり本格的なマッサージができます。

ヘッドスパ専門サロンのエステティシャンの指の動きや技術を本体にプログラムしたそうです。すごいですよね。4つのヘッド部分が独自に動くので本当に指を使っているんじゃないかと錯覚します。

フォーフィンガースパイラルというそうですが、スッキリサッパリ感はしっかりあります。

amazonの口コミを見て頂ければその人気の高さが伺えますが、年間を通じてamazonベストセラーに入っている商品なんです。実はこれ私も去年から使っていますが、自分の指でシャンプーするよりも全然しっかり洗えてるし、何よりも気持ち良いですね。

頭皮の洗浄と同時にマッサージができているので、ホントに便利。いま出ているのは最新型なのでもっと性能が良くなっているんじゃないかと思います。

最新タイプも気になるので余裕が出来たら買ってみようと思っているぐらい。機能のひとつに、スイッチで二つのモードが切り替えられるのですが、HIGHは1分間に170回転、LOWは1分間に120回転。強さを好みに合わせて使い分けることができます。

そしてもうひとつ、これまたすごく便利なのが、育毛剤を付けてからこの頭皮エステでヘッドマッサージっていうこともできるようになっているんです!使ったら洗い流すだけなのでお手入れも簡単。

おすすめの電動シャンプーブラシ『頭皮エステ』のマッサージ効果が凄い!

まとめ

長くなりましたが、育毛シャンプーについてまとめますね。

  • 直接的な育毛効果はない。
  • 医薬部外品成分が配合された薬用である。
  • 主に抜け毛防止効果が期待できる。
  • 用途別タイプがあり、自分の頭皮の状態に合わせて選ぶことが重要。

こんな感じになります。それなので、育毛剤とどっちがいいのかではなく、目的が違うということになります。

頭皮エステはシャンプーにも使えるし、育毛剤を付けたあとのヘッドマッサージにも使えるし、とても便利なアイテムです。

自宅で自分で好きなだけできるっていうのがいいですよね。ヘッドスパのサロンや美容院だと一回あたり4,000円ぐらいしちゃいます。

育毛シャンプーと育毛剤、そしてこの頭皮エステを使えば、頭皮ケアはこれ以上ないぐらい本格的にできますので、1台あるととても便利。

まず育毛シャンプーで日常の抜け毛を防止して、それから育毛剤で頭皮に栄養を浸透させるというのがベストな手順になります。

薄毛・抜け毛にお悩みならSORAスカルプシャンプー

『キャピキシル』は副作用無しでミノキシジルより3倍の育毛効果!

前髪が薄くなってきたかも!?抜け毛や薄毛の原因と対策!







  関連記事

SNSの口コミで大人気!『リュミエリーナ ヘアビューザー2』は魔法のヘアドライヤー?

いまSNSの口コミや芸能人・モデルのブログで話題になっている人気のヘアドライヤー『ヘアビューザー』。魔法のドライヤーと言われているその効果とは?ここで詳しく紹介します。

『キャピキシル』は副作用無しでミノキシジルより3倍の育毛効果!

『キャピキシル』は副作用無しでミノキシジルより3倍の育毛効果!

医薬品の育毛剤であるミノキシジルには副作用が認められています。そんなミノキシジルよりも3倍の育毛効果があって副作用が全くない新成分『キャピキシル』とは?

傷んだ髪やくせ毛におすすめ!ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)の効果とは?

傷んだ髪やくせ毛におすすめ!ヘアオイル(洗い流さないトリートメント)の効果とは?

傷んだ髪、くせ毛や天然パーマで髪がまとまらない、膨らむ髪のボリュームを抑えたい、そんな時はヘアオイル(洗い流さないトリートメント)がおすすめ!その効果とは?

自宅でできるフィンガーヘッドスパ!効果の口コミはいかに?

自宅でできるフィンガーヘッドスパ!効果の口コミはいかに?

頭皮環境を健康的にする効果のあるヘッドスパ。それが自宅で本格的にできると人気のフィンガーヘッドスパ。その効果と口コミをご紹介します。

かさぶたがある!?頭皮に湿疹やニキビができる原因と対処法

かさぶたがある!?頭皮に湿疹やニキビができる原因と対処法

いつの間にか頭皮にかさぶたが出来ていることがあります。これはすなわち頭皮に傷が出来ていた証拠。頭皮に湿疹やニキビができる原因とその対処法について説明します。

傷んだ髪を徹底ケア!美容院レベルのおすすめトリートメントとは?

傷んだ髪を徹底ケア!美容院レベルのおすすめトリートメントとは?

髪が傷むとヘアスタイルも台無し、スタイリングも上手く行きません。傷んだ髪を美容院レベルで徹底的にケアできるおすすめのトリートメントをご紹介します。

髪への効果が違う?リンス、コンディショナー、トリートメントの違いとは?

髪への効果が違う?リンス、コンディショナー、トリートメントの違いとは?

リンス、コンディショナー、トリートメントの髪への効果の違いとは?いま人気の洗い流さないトリートメントの効果と使い方も併せて紹介しています。