*

頭皮のかゆみとフケの原因は?シャンプーの種類とやり方で対策を!

      2017/09/26

頭皮のかゆみとフケの原因は?シャンプーの種類とやり方で対策を!

頭皮のかゆみって厄介ですよね。毎日しっかりとシャンプーしているのにかゆみがとまらない、かくとフケが出る。

不潔にしているわけではないのに起こるかゆみやフケは、悩みのタネになってしまいます。

頭皮のかゆみやフケの原因は多種多様ですが、代表的には皮膚炎によるものと、乾燥によるものがあります。

その違いとシャンプーによる対処法をそれぞれご紹介します。

頭皮のトラブルに悩む人急増中

頭皮のトラブルに悩む人急増中

ヘアケア業界では育毛や頭皮ケアの需要がとても高まっています。そこには様々な理由がありますが、『見た目を良くしたい』という影響が大きい時代になっているからだと思います。

髪の毛は自分を表現するデザイン素材のひとつであり、その見た目への影響を占める割合が大きいからです。

そんな大切な髪の毛を根本的にケアしようというのが、頭皮ケアや育毛ブームにつながっているのでしょうね。

男性に限らず女性でも抜け毛や薄毛に悩む方は増えています。以前よりも頭皮のかゆみやフケなどの頭皮トラブルが急増していることからも、関心が持たれるようになりました。

代表的な頭皮トラブルと対処法

代表的な頭皮トラブルと対処法

頭皮が赤い、べたついたフケが出る『脂漏性皮膚炎』

頭皮のかゆみの原因となる皮膚炎の代表としてあげられるのが脂漏性皮膚炎です。これはマラセチア菌という菌が増殖しておこります。マラセチア菌はどんな人の体内にでも住んでいる常在菌で、普段は悪さをするような怖いものではありません。

ところが、疲労やストレスで身体の抵抗力が落ちたり、マラセチア菌が好む皮脂が多くなったりすると、急激に増殖することがあります。

それに対して皮膚が反応し、炎症がおきて赤くなり、かゆみやフケの原因となるのです。頭皮だけではなく、皮脂の多い小鼻やおでこにもおこることがあります。

かゆみと同時に皮膚が赤く炎症し、べたついたフケが出るようなら、この脂漏性皮膚炎が考えられます。

脂漏性皮膚炎を疑ったら、とりあえず皮膚科の受診をおすすめします。自己判断であれこれしてしまうと、状態が悪化する怖れもあります。医師の診断のもとで、治療をしましょう。

脂漏性皮膚炎が判明したら、通常外用のステロイド剤と抗真菌剤が処方されます。1~2週間使えば症状は治まりますが、皮膚のターンオーバーが終わる1ヶ月半頃までは、薬を続けた方がいいと言われています。

また、薬を使うのと同時に、普段の生活でも気をつける点があります。

脂漏性皮膚炎は薬で一度治っても、抵抗力が落ちたり皮脂が増えるような生活を続けていれば、また再発する恐れがあるからです。

それを防ぐために気をつけたいことはこちら。

  • 睡眠をよくとる。
  • 疲労やストレスをため過ぎないようにする。
  • 油ものやアルコールを控えめにして、ビタミンB2やB6の豊富な食材をとる(キャベツ、トマト、しいたけ、納豆、しじみ、レバー、まぐろなど)
  • 刺激の強いシャンプーで洗い過ぎるとかえって皮脂が増えることもあるので、抵刺激のもので1日1回~1日おきに洗髪にしてみる。

ちなみに、マラセチア菌の繁殖を抑制する薬用ローションも市販されています。使用感が合えば使ってみるのもいいですが、お医者さんと相談してくださいね。

頭皮に優しい生活習慣を身につけて、脂漏性皮膚炎の再発を防止しましょう。

皮膚科医開発の脂漏性皮膚炎専用シャンプー
公式:頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】

詳細:頭皮の脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプー『KADASON(カダソン)』効果と口コミ

激しいかゆみと乾燥、かくと粉をふく『アトピー性皮膚炎』

全身に出ることもあるアトピー性皮膚炎ですが、アトピーのある人は頭皮も乾燥しやすく、激しいかゆみがおこることがあります。かくと、粉をふいたようなフケがたくさん落ちます。

アトピー性皮膚炎は確立した治療法がなく、病院ではかゆみへの対処療法が中心になっています。個人差が大きく対処法が変わってくるので、専門家へ相談してください。

日常生活での注意点は、次にあげられる「乾燥によるかゆみ」と同じく、保湿をこころがけることとされています。

  • 季節の変わり目や乾燥する冬にかゆみがひどくなる。
  • 昔はあまりなかったのに、年齢をおってかゆみが増した。体質の変化。
  • 顔や全身の肌もデリケートな敏感肌だ。
  • まめにシャンプーをする、ゴシゴシ髪を洗う、洗った直後からかゆい。
  • 頭をかくと粉をふく、パラパラしたフケが出る。

こんなあなたは、頭皮が乾燥して敏感になり、かゆみがおこります。

ここまでをまとめると、乾燥頭皮はこのような原因が影響していると言えます。

  • もともとの乾燥肌体質
  • 季節的なもの
  • 老化によるもの
  • 髪の洗いすぎ
  • 合わないシャンプーによる刺激

女性の場合は、生理周期と連動している人もいるようです。

頭皮ケアが正しく出来ていないとかゆみやフケの原因になる

頭皮トラブルがかゆみやフケの原因になる

遺伝や体質的なものとは限らず、正しい頭皮ケアが出来ていないためにフケが増えるケースが多いです。

人間の髪の毛は平均して1日に100本は抜けるといわれています。これは毛周期という毛の正しいヘアサイクルにおけるものなので、これ自体にはなんの問題もありません。

しかし、ヘアサイクルの途中で抜けてしまう毛がある場合は、フケなどの何らかのトラブルが起きている可能性もあります。例えば、脂性の頭皮の人に多いのが、皮脂が過剰に分泌してフケとして固まってしまったもの。

大量のフケが毛穴を塞いでしまうことで、頭皮の炎症を起こして髪の毛が抜け落ちることがあります。

このように、頭皮ケアが出来ていないとフケが溜まり、抜け毛や薄毛につながってしまいますので、しっかりと日常的なケアをすることからはじめましょう。

頭皮ケアと言うとサロンでのヘッドスパやマッサージが代表的ですが、これは一時的なものでしかありません。

頭皮のケアは継続的に行わないと効果がありませんので、見直すべきところは日々のシャンプーです。このシャンプーが原因で頭皮のかゆみやフケなどのトラブルにつながってしまうのです。

頭皮に負担をかけてしまうシャンプー剤に注意

頭皮に負担をかけてしまうシャンプー剤に注意

シャンプーは毎日使うものなので、特に注意して種類を選ぶことがポイントになります。

一回のシャンプーでは目に見える効果はわかりませんが、それが何カ月と経つことによって必ず頭皮の健康状態に影響してきます。

シャンプーが自分に適しているものであれば頭皮の健康状態も正常になっていきますが、合わないものを使い続ければ炎症によるかゆみやフケがひどくなるばかり。

つまり、頭皮の健康状態にダイレクトに関係するのがシャンプーなのです。

頭皮のフケが多い人はシャンプー剤が原因の可能性が高いと言えます。乾燥頭皮の場合、刺激の強いシャンプーはよくありません。乾燥肌・敏感肌対応のシャンプーを使いましょう。

石油系界面活性剤のものに比べると頭皮に優しいとされる石けん系シャンプー類も、アルカリ性だと皮脂をとりすぎてしまいます。

弱酸性のもの、アミノ酸系のもの、天然ハーブ系のもの、保湿成分の入った薬用タイプなどを選ぶようにしてみましょう。

アトピー肌専用のものもあります。ドラッグストアやバラエティショップで買う場合は、まず店員さんにサンプルが無いかを確かめてみましょう。

皮膚科にかかっている場合は医院で処方されるものもありますし、メーカーの公式サイトで直接請求できるところもあります。

どれが自分に合うかは、実際に試してみるのが一番。使ってみないと一概には言えません。お気に入りが見つかったら、それを使って優しくシャンプーをするようにこころがけてください。

いずれにしても、シャンプーの目的は『汚れを落として地肌を清潔に保つ』ことです。髪の傷みを補修したり手触りを良くするものではありません。

参考:【市販シャンプーの選び方】自分の髪と頭皮におすすめなのはどのタイプ?

乾燥頭皮の人は洗いすぎるとかえってかゆみがひどくなります。よっぽど汚れたとき以外は、週に3~4日で十分と言われていますので、シャンプーのし過ぎにも注意しましょう。

また、見直す点としては、現在使用しているシャンプー剤の洗浄力が自分に合っているのかどうかです。つまり、『頭皮に負担をかけていないか』がポイントになってきます。

シャンプー剤の洗浄力はどう選べばいい?

シャンプー剤はどう選べばいい?

よく「アミノ酸系のシャンプーは頭皮に優しいから良い」とか「石油系の合成界面活性剤は洗浄力が強いから頭皮に良くない」とか言われますが、みんなに一概に言えることではありません。

シャンプーは自分の頭皮に適しているかいないかが大切で、単純に洗浄力が強ければ良いとか弱ければ良いとかいう問題ではありません。これは化粧品のクレンジング剤や洗顔料にも同じことが言えますよね。

頭皮に適した洗浄力のシャンプー剤を選ぶ

シャンプーの洗浄力は個々の頭皮に合った種類を選ぶことが大切です。

  • 頭皮の皮脂が多い脂性の人は洗浄力強めのシャンプーにする。
  • 頭皮の皮脂が少ない人や乾燥肌の人は洗浄力弱めのシャンプーにする。

自分の頭皮と真逆のシャンプー剤を使用してしまっていると、地肌を傷めることになり、やがて頭皮が炎症をおこして赤くなり、かゆみが出て大量のフケが発生する原因になります。

その状態が長期間続いてしまうと、それが原因で抜け毛や薄毛につながってしまうこともあるので注意が必要です。

では、「自分の頭皮がどのような状態であるのか?」は、発生するフケや地肌を見れば見極めることができます。

フケには種類があり、しっとりとした大きなフケがポロポロと落ちる人は脂性であることが多く、その場合の原因は単純にシャンプー不足であることが多いと言われています。

それなので、脂性の頭皮の人は洗浄力強めのシャンプーを使ってしっかり洗いましょう。

逆に細かな粉雪のようなフケが多い人は頭皮が乾燥肌になります。乾燥肌の人は、洗浄力が弱めで油分を含むシャンプーで優しく使うのがベストです。

シャンプーの洗浄力は界面活性剤によって決まる

シャンプーの洗浄力の強さは、その基材となっている界面活性剤の種類によって決まります。成分を見れば洗浄力が強いのか弱いのか、どんなシャンプーなのかが分かります。

しかし、知識がない人からすればそこまでは覚え切れませんよね。

そういった場合には、そのシャンプーボトルやパッケージ・ラベルにどんなタイプのシャンプーなのかが記載されていますので、その製品キャッチフレーズを参考にすれば大体どんなシャンプーなのか分かります。

例えば、「洗浄力が強くてしっかり洗えるタイプ」だったり、「頭皮や髪に優しい低刺激タイプ」などなど、それを目安にして選べば大丈夫です。

  • 「デザインが良いからなんとなく…」
  • 「人気ランキングにランクインしてるから…」

…と選んでしまうのではなく、自分の頭皮に合うものを選ぶように心掛けましょう。

参考:頭皮に優しいシャンプーって?どんなタイプがおすすめなの?

シャンプーのやり方は「頭皮マッサージ」をするように行う!

シャンプーのやり方は「頭皮マッサージ」をするように行う!

シャンプーは適当にササッと済ませてしまいがちですが、実はシャンプーの仕方が原因でフケやかゆみなどの頭皮トラブルにつながってしまっていることがあります。

脂性肌の人は力を入れて時間をかけてしっかりと洗うのがおすすめ。これはシャンプー不足で毛穴に汚れが溜まり雑菌が繁殖したり頭皮の血行不良になりやすいということがあげられます。

脂性肌のシャンプーは1回だけなく2~3回行うのがおすすめです。この時、一回ごとにしっかり流すと効果的です。

乾燥肌の人は頭皮を傷つけないように優しく指の腹でマッサージするように洗います。頭皮の肌荒れを起こしている状態と同じなので、肌バリアが弱く、あまり刺激を与えてしまうと炎症に繋がりますので注意して下さい。

乾燥肌のシャンプーは何回もせずに1回軽く行うだけで済ませた方がいいです。

また、手のひらで泡立て、かゆいところをゴシゴシとこすり洗いするだけではなく、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗うことが大切。

マッサージをすることによって頭皮の血行が良くなります。これが頭皮のかゆみを防ぎ、フケの予防に効果的なのです。

でも、マッサージしながら洗うのって実はすごく難しいです。かゆみがあるとツメを立てて擦ってしまったり、力加減が上手くできずに指に力を入れ過ぎてしまったり、頭皮を傷めてしまいがちです。

そこで便利なのがシャンプー用ヘッドマッサージャー『頭皮エステ』。

 

これはヘッドスパ並みの頭皮マッサージをしながらシャンプーができるという優れ物家電として人気があります。指では実現できない絶妙な動きを生み出します。

シャンプーは毎日することなので、お風呂場に1つ用意しておくとずっと使えて便利ですね。実は私もすでに3年ほど愛用しています。

参考:おすすめの電動シャンプーブラシ『頭皮エステ』のマッサージ効果が凄い!

そして最後のすすぎは特にしっかりとしましょう。頭皮にシャンプー剤が残っているとかゆみやフケの原因に直結します。

また、塩素のきつい水だと乾燥がひどくなるので、シャワーヘッドを塩素除去のタイプにするのもおすすめです。節水型のものを使えば水当たりもやわらかで水道代の節約にもなりますよ。

洗髪後に頭皮の保湿をする

洗髪後に頭皮の保湿をする

顔のお肌に化粧水を使うように、頭皮にも専用のローションがあります。このローションは頭皮のコンディションを整える商品で、かゆみやフケの抑制が期待できます。

脂っぽい頭皮用と乾燥頭皮用があるので、乾燥頭皮用のものを選びましょう。

乾燥の種類や体質によってローションの保湿が良い場合と、椿オイルやオリーブオイルなどの油分を補う方が良い場合があります。

季節的な乾燥、老化による乾燥の場合、油分での保湿が効果を発揮します。肌がなんとなくピリピリしたり赤くなりやすい敏感肌の人には、ローションタイプが向いていると言われています。

髪がしっとりするからと油をつけすぎると、それを栄養源にする菌が繁殖して皮膚炎をおこすときがあります。

一番大切なのは自身の使用感なので、シャンプーや保湿方法を変えてなにか異変を感じたら、使用を中止しましょう。

口コミで特に評判が良いのが頭皮専用化粧水(美容液)

頭皮トラブルを改善するには、頭皮の状態を健康にしていく必要があります。それには乾燥肌や脂性肌、敏感肌を日常的にケアします。

そこで役に立つのが、頭皮用の化粧水(美容液)

  • アットコスメランキング『頭皮ケア部門』で1382商品中、第1位
  • モンドセレクション2015銀賞
  • 医師監修のスキンケア大学に掲載

美容成分99.6%!頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

↑これは頭皮の化粧水(美容液)ですが、最近新しくシャンプーバージョンも発売されました。

初回購入80%オフ「すこやか地肌美容液シャンプー」

先に紹介した「頭皮エステ」と併せて使うとより効果的ですね。

まとめ

頭皮トラブルである皮膚炎や乾燥。いずれにせよ、頭皮ケアをしても強いかゆみが続くようなら皮膚科に相談してください。

別の要因でかゆみがおこるときもあり、安易に市販のかゆみ止めで対処しない方がいい場合もあります。皮膚科で使うステロイド剤に抵抗がある人もいるようですが、上手に使えば悪い薬ではありません。

ちゃんとした原因を説明もしないでただ薬だけを処方する病院は不安なので、こちらの質問にきちんと答えて、説明をしてくれる医師に相談してください。

頭皮も身体の皮膚、臓器の一部なので、身体全体のバランスが崩れたり、精神疲労が重なると荒れてかゆみが出たり、皮膚炎にかかりやすくなることがあります。

健康な頭皮は健康な心と身体から。

そのかゆみは心身からの疲労のサインかもしれません。頭皮ケアとともに食生活や睡眠、生活習慣を根本から見直してみましょう。

最後に、頭皮のかゆみやフケ専用の化粧水やシャンプーは市販の扱いが少ないですが、このクリームシャンプーも「荒れた頭皮に効果を実感できた」という口コミが多い商品です。

公式:頭皮のかゆみ対策クリームシャンプー【わたしのきまり】

詳細:頭皮の臭いの原因と対策!実は自分では気付いていないかも?







  関連記事

『カラー用シャンプー』は髪色を長持ちさせるのにおすすめ!

『カラー用シャンプー』は髪色を長持ちさせるのにおすすめ!

せっかくヘアカラーをしたのにすぐに色落ちしてしまう…。綺麗な髪色を長持ちさせたい…。そんな時におすすめの『カラー用シャンプー』について紹介します。

長持ちさせたい!縮毛矯正した髪におすすめのシャンプーとは?

長持ちさせたい!縮毛矯正した髪におすすめのシャンプーとは?

せっかく縮毛矯正をしても普段のシャンプーによって効果はどんどん失われてしまいます。ここで縮毛矯正やストレートパーマを長持ちさせるおすすめのシャンプーを紹介します。

頭皮の臭いの原因と対策!実は自分では気付いていないかも?

頭皮の臭いの原因と対策!実は自分では気付いていないかも?

あなたの頭皮は大丈夫?頭皮の嫌な臭いは自分ではなかなか気付かないものです。頭皮の臭いの原因と対策を紹介します。

頭皮の脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプー『KADASON(カダソン)』効果と口コミ

頭皮の脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプー『KADASON(カダソン)』効果と口コミ

頭皮トラブル(フケ・かゆみ・脂漏性皮膚炎)におすすめのシャンプー『KADASON(カダソン)』。その効果と口コミを紹介します。

ハリコシのある黒髪に!グローイングショットシャンプー&コンディショナーの口コミ

ハリコシのある黒髪に!グローイングショットシャンプー&コンディショナーの口コミ

髪の毛のハリコシがなくなってしまった方、白髪が増えて髪がパサついている方、ボリューム感がなくなってしまった方など、髪の毛の悩みというのは尽きることがありません。 そんな時

口コミで評判のエスコス『オレンジシャンプーオーガニック』の効果を徹底検証!

口コミで評判のエスコス『オレンジシャンプーオーガニック』の効果を徹底検証!

口コミで評判になっているエスコス『オレンジシャンプーオーガニック』の効果を徹底検証!実際に使ってみた感想も紹介しています。

しっかり洗ってるのに…シャンプーが泡立たない原因と対処法!

しっかり洗ってるのに…シャンプーが泡立たない原因と対処法!

普段通りシャンプーをしているのになかなか泡立たない…そんな時ありますよね。ここではシャンプーが泡立たない原因と対処法をいくつかご紹介します。