*

小顔に見える?思い切って髪型をショートに!

      2017/01/15

小顔に見える?思い切って髪型をショートに!

思いきって髪型をショートにしてみよう!

今日は、女性の憧れるヘアスタイルでもある『ショート』の髪型の魅力を紹介していきたいと思います。

なんとなくロングヘアにしている人や、これから気分を一新してイメチェンしたい人、ロングヘアにわずらわしさを感じてきた人など、ショートヘアにチャレンジしたい人は参考にしてみて下さい。

ショートヘアにはロングヘアにない魅力やメリットがあります。


いまの髪型をバッサリと切ってショートにする理由は、昔だったら失恋、今だったらイメチェンですね。

人が髪型を変えるということは、『何かしら気分を変えたい』と思っている時であることに間違いありません。

どういう理由にしても、髪型を変えることで気分が変わるということはあながち間違いはありません。

もし何かに迷っていたら、バッサリいってみるのも面白いです。

他にもショートヘアのアレンジ方法も紹介したいと思います。

ショートヘアのイメージキーワード

ショートヘアのイメージキーワード

  • 開放的
  • 元気
  • 明るい、さわやか
  • 若々しい
  • ボーイッシュ
  • 活発、アクティブ
  • スポーティ

こんなところでしょうか。

ショートというとこんな感じで男性の髪型のイメージがとても強いですよね?

男性のショートと女性のではヘアスタイルのベースが大きく異なります。

女性は、ロングヘアに比べて全体的に髪の長さは短いとしても、フェイスラインの前髪やサイドの長さは長めに残してあります。

正面からみたイメージはロングヘアとあまり変わらなかったりします。

ショートといってもショートボブからベリーショートまでいろいろあります。

マッシュルーム(前上がりのボブ)などのサイドが短いボブもあれば、前下がりのボブのようにサイドが長いボブもあります。

マッシュルーム(前上がりのボブ)

同じショートヘアの中でもヘアスタイルによってイメージは異なります。

他にも、髪の毛の厚みによって印象は変わります。

毛先に厚みがあると柔らかさを感じますし、毛先が薄いとシャープさを感じます。

ヘアスタイルの全体のシルエットからみても、男性のショートはより直線的でシャープなイメージに対して、女性は丸みのある柔らかいシルエットなのが特徴的です。

なので女性のショートヘアは、ただ単に髪の長さを男性と同じように短くした髪型というわけではありません。


ロングヘアと比べてショートヘアのメリットは?

ロングヘアと比べてショートヘアのメリットは?

ショートヘアのメリットをロングヘアと対比しながら具体的に見ていきましょう。

ショートのヘアスタイルは髪を美しく保ちやすい!

ショートのヘアスタイルは髪を美しく保ちやすい!

髪は時間が経てばたつほどダメージしていきます。

毎日のシャンプーだったりドライヤーだったり、紫外線だったりと髪は常に毎日傷んでいきます。

例えば20センチぐらいの髪の毛であれば、日本人は平均して1ヶ月に1センチ伸びる計算なので、毛先は生えてきてから約2年ぐらい経っていることになります。

2年間、毎日シャンプーとドライヤーをしていたら、700回以上もしていることになります。

さらにその間に2ヶ月に1回のペースでヘアカラーをしていると、2年のうちで12回もヘアカラーをしていることになります。


これでは当然髪は傷みますよね。

ロングヘアを綺麗な髪質で保つことはとても難しいことです。

ロングヘアは、ブラッシングやドライヤーで乾かす手間も時間も多くかかります。

ショートヘアは、手間も時間も与えるダメージも少なくて済み、そういう意味でも美しさを維持しやすくオススメだと言えます。

ショートはアレンジやスタイリングのバリエーションが豊富!

ショートはアレンジやスタイリングのバリエーションが豊富!

ロングヘアのアレンジはコテで巻くかアップにするかぐらいです。

ショートの場合は、髪が短いので細かくアレンジ出来て、ピンで留めたりすることも簡単です。

最大の違いはロングヘアでは不可能な『髪の根元の立ち上がりのボリューム』を出したり、ワックスなどのスタイリング剤で動きをつけたり、多彩なバリエーションを楽しむことができます。

何よりも気持ちの問題ですが、ヘアスタイルのスタイリングは手間がかかればかかるほど面倒になってワンパターンな髪型になりがちです。

ショートなら時間がかからないので、その分いろいろとアレンジしたりおしゃれを楽しむことができます。

小顔に見えるショートヘアのアレンジ

小顔に見えるショートヘアのアレンジ

ショートヘアはボーイッシュな髪型だと思われがちですが、ミディアムショートならアレンジがしやすいですし女性らしさがあります。

前髪やサイドの髪をねじってバレッタで止めるだけでも、顔周りがすっきりとして小顔効果も期待できます。

片耳を出すだけでも、すっきりとしたフェミニンな髪型のイメージにすることができます。

ショートヘアの髪型の場合は、大きめの存在感があるピアスやイヤリングを付けると、女性らしさがアップしておすすめです。

ロングヘアでファッションも女性らしいワンピースや甘めのスタイルだと、女性らしさを全面に出し過ぎてしまいがちです。

でも、ショートヘアスタイルだからこそ甘いファッションが映えるという場合もあるのです。

女性の髪型ショート

ロングヘアからショートヘアにイメージチェンジをしてから、ファッションの幅が広がったという声を耳にすることがあります。

ヘアクリップを使用してルーズな感じにハーフアップさせても可愛らしいアレンジが可能です。

ロングでは難しいですが、ミディアムなら髪を巻いてふんわり感を出してボブっぽくもなり、アレンジによってはショートヘアにもなります。

くせ毛でお悩みの方も、ロングではまとまりにくかったのがショートにイメージチェンジしてから逆にそのクセを活かすことができることもあります。


ストレートの場合はアレンジが難しいこともありますが、自然なカールは無造作なアップスタイルをしやすいのでおすすめかもしれません。

ヘアアクセサリーの種類が豊富にありますので、カチューシャやバレッタ、ヘアクリップなどを利用して、ショートスタイルでもいろいろな楽しみ方をすることができるようになってきております。

イメージチェンジをしてみたいとお考えの方は、ぜひショートヘアの髪型にもチャレンジしてみてください。

思い切ってショートヘアに!

思い切ってショートヘアに!

もしこれから『ショートヘアにチャレンジしてみたいけど、なかなか勇気が出ない』という人がいたら、まずは前髪やサイドが長めのショートにしてみるといいと思います。

イメージ的には、ロングヘアで首にマフラーを巻いてみて上半分のようなヘアスタイルになります。

そんなに大きくイメージは変わらないし、顔周りの長さが残っていると安心感がありますよね。

ポイントは後頭部にしっかりとしたボリュームと丸みがあると可愛いです。

もし悩んでいる人がいたら、ロングからショートにチェンジする時はかなり勇気がいると思いますが、思い切ってバッサリ切っちゃうと良いですよ!

小顔に見える髪型・ヘアスタイル特集!







  関連記事

可愛い髪型の理想は本田翼のショートボブ?桐谷美玲のロングヘア?

髪型には心の中まで変えてしまう不思議な力があります。あなたの理想の可愛い髪型は?女子に人気の髪型ランキングを紹介。

当たり前のように呼んでるけど、髪型の『ボブ』って何?

ヘアカタログや雑誌なんかでは当たり前のように見かけるけど、そもそも髪型の『ボブ』って何?ショートボブなどのヘアスタイルの定義を説明。