*

透明感がある人気の髪色「アッシュカラー」は柔らかさとクール感を演出できる!

      2019/01/25

透明感がある人気の髪色「アッシュカラー」は柔らかさとクール感を演出できる!

あなたはヘアスタイルやヘアカラーにこだわっていますか?髪型とか髪色を変えるとすごく気分が明るくなったりしますよね。極端にガラッと変えなくても、ほんのちょっと前髪の長さを変えたり、落ち着いた綺麗な髪色にするだけで、すごく自分が変わったような気持ちになるものです。


髪の毛のお手入れは美容室でやっている人が多いかと思いますが、髪の毛を伸ばしている人も多いので、ヘアカラーだけは自分でやって済ませているなんて人もいるんじゃないでしょうか。

髪の毛を自分で切るのは難しいですが、ヘアカラーをするぐらいならセルフでも簡単にできる便利な市販のヘアカラーが揃っています。泡のヘアカラーとかカラートリートメントとか、自分でやっても綺麗に染まるし、何よりも色のバリエーションがとても豊富です。

でも、ヘアカラーの色選びって迷っちゃいますよね。今回は、ヘアカラーの中で男女から最も人気がある『アッシュカラー』について紹介します。

ヘアカラー人気No.1の流行りの髪色『アッシュカラー』

ヘアカラー人気No.1の流行りの髪色『アッシュカラー』

ヘアカラーにはベージュだとかミルクティやカフェオレとか、オシャレなネーミングのヘアカラーもいっぱいあります。どれもつい試したくなっちゃいますよね。そこで、市販されているヘアカラーで一番人気がある色は知っていますか?

それがアッシュカラーなんです。ヘアカタログや美容室のヘアカラーの中でも一番人気があって流行りの髪色なのです。でも、なぜそんなに人気なのか?髪色をアッシュカラーにすることでの見え方の効果や人気の秘訣を見てみましょう。

ヘアカラーのアッシュカラーってどんな色?

アッシュって何色なのか分かりにくいですよね。美容師さんに勧められたりだとか、市販ヘアカラーのパッケージをみたりして、アッシュっていう言葉自体を聞いたことがある人は多いと思ます。

しかし、「じゃあ具体的に言ったら何色になるの?」って思いませんか?ヘアカラーのアッシュは『灰色とかグレー系』です。アッシュとは英語で「灰」を指します。

なので、アッシュカラーと言ってもそれ自体が色の名前というわけではなく、少しくすんだような、灰色がかった色全体の事を指します。また、メーカーによってもアッシュの色味が少し違っていて、例えば青色系のアッシュもあれば紫色系のアッシュもあります。

どちらも髪の毛のメラニンにある赤味や黄色味を抑えて、結果的にグレーっぽいブラウンになるようにしてあります。そういうのを色彩学で補色といいます。難しいことはこの辺にしておきますが、要するに最終的に灰色っぽさを感じるブラウンになるように調整されてるってことです。

【髪色ヘアカタログ】アッシュカラー特集

アッシュ系の色の効果

アッシュの色味は本来は『灰色(グレー)』を指します。なぜ灰色が人気なのかというと、理由は2つあります。

1つ目は、髪の赤味を抑えるため。

日本人の髪の毛の色を作っているメラニン色素は、もともと赤味を含んでいるため、髪の毛を明るくブリーチしていくとだんだん赤味が出てきます。

この赤味があまり綺麗な色でないのです。そもそも、赤味自体が嫌いな人も多い。赤味を抑えたいとか消すために使われるのが、アッシュなのです。クールさを演出することができます。

2つ目は『彩度』を下げて柔らかさの質感を演出するため。

灰色は、色の彩度を下げる効果があります。彩度を下げて色味をマイルドにすることによって、髪の毛に柔らかさの演出ができるのです。見るからに柔らかそうな雰囲気のある髪の毛って憧れますよね。

イメージとしては、ツヤツヤしているアルミホイルを、裏側のツヤなしにした感じ。アッシュの色味はツヤの無いドライな質感に見えるのです。

色で例えるならば、コーヒーミルクを入れたような感じですね。コーヒーはそのままだと色の濃いブラウン系ですが、ミルクを入れることによってマイルドな色味になりますよね。

そういう柔らかいニュアンスに出来るのがアッシュカラー。ミルクティーとかカフェオレなんて呼ばれたりもします。

髪のブラウンにアッシュで染めるだけでも、ベージュのような雰囲気にすることができるので、同じような効果があります。

市販のヘアカラーは、ミルクティー、ホワイティーアッシュ、カフェオレ、ピンクアッシュ…など、一般人にも親しみやすいデザート的な名前になっていたりしますよね。

でも、それらはあくまで色の組み合わせでしかありません。

色に名前を付けようとしたらいくらでも作れるので、名前をそれらしくつけているだけです。

小顔に見える効果

ヘアカラーをアッシュにすると小顔に見えやすいんだそうです。アッシュは青味がある灰色なので、髪の毛がコンパクトにまとまって見えやすいんだとか。髪の毛に赤味とか黄色味があると髪の毛とか頭が膨張して見えやすくなり、逆に青とか緑系の色にすると収縮して見えるそうです。

もし赤味が好きだけど…という人は、赤系の色味にアッシュを混ぜるっていうこともできます。

外国人風な柔らかい雰囲気の髪質に

外国人風な雰囲気の髪質に

赤系とかツヤツヤした黄色系の髪色は、髪の毛が硬く見えやすくなってしまいます。でもアッシュにすると、それらの色がなくなって髪の毛が柔らかく見えやすくなります。

赤味を感じないニュートラルなブラウンの色なので髪に透明感も出るし、野暮ったさがなくなります。イメージでいうと外国人風な髪色の感じですね。アッシュだと色素が薄いような印象になるので、ちょっと外国人風なオシャレな印象を与えてくれます。

ゆるふわとか巻き髪が流行っていますが、そういう髪型にもアッシュはすごく合う色になります。柔らかそうな雰囲気の髪質に憧れている女性は多いと思います。

あまりきちっとまとめずに、ルーズでふわっとした髪型でも問題なく、アッシュカラーにしてからヘアスタイルそのものに悩まなくなったと感じる方も多いようです。

髪色をアッシュカラーにするだけでも十分オシャレですが、さらに外国人風に見せるために毛先を軽く巻き、風になびく柔らかい髪に見せるとぐっと洗練されたイメージになります。


女性は綺麗系なイメージに

アッシュカラーは女性なら綺麗系に見えやすくなります。「アッシュカラーは美人に見えやすい」なんて言われていますが、秘密は「くすみ」にあります。

ヘアカラーのアッシュは単純な灰色ではなく、青みがかった灰色や紫がかった灰色であることがほとんどです。

日本人の髪は大体の方が黒で、黒い髪はメラニン色素が多いため赤味も強くなります。そこにアッシュで青や紫のくすみを足すことで、抜け感のあるクールなイメージを持たせることができるのです。

アッシュなら明るい色でも派手になり過ぎないのもメリットで、そんなイメージが透明感のある美人に見える効果につながっていきます。メイクと同じで女性の印象には鮮やかさも少し欲しいので、青味が弱いアッシュカラーにするとちょうど良い感じの髪色になります。

男性ならクールなイメージに

男性ならクールに。女性なら綺麗系に。

髪色をアッシュカラーにすることで、男性ならクールに見えやすくなる効果があります。基本的にアッシュであればどれも同じような雰囲気の髪色になりますが、男性の場合は青味が強いアッシュがよりクールに見えやすくなります。

アッシュカラーは地肌の白さ黒さを問わず誰にでも似合う色なので、肌の色を気にすることなく楽しめる髪色です。男性は「ブルーアッシュ」や「シルバーアッシュ」が特に人気があります。

髪の毛の赤味を抑える効果

髪の毛の赤味を抑える効果

日本人の髪の毛は、髪を染めても色が抜けると金髪みたく黄色くなっちゃう、赤くなりやすいという人が多い傾向があります。例えば、思いっきり髪の毛を明るくした時に、典型的なアジア系人種の髪質は赤味を帯びてオレンジっぽくなってしまうんです。

明るい髪色に赤味を感じると、どうしても不自然っていうか汚く見えやすい。そんな赤味やオレンジ味を抑えるのに便利なのがアッシュなんです。

アッシュは赤味とか黄色を抑えるという色の特性があるので、髪の毛を明るくしたいときにはアッシュで明るくするのがおすすめです。

赤みの出やすい髪色を打ち消すことができると人気なのがアッシュ系カラーです。そもそも、アッシュとは灰という意味で、色合い的にはグレーのくすんだニュアンスのある色味です。

これを基本のブラウンのヘアカラーと合わせることで、赤みがなくスモークがかかったような落ち着いた色合いにすることができます。

アッシュ系の人気が高いのは、この赤みを抑える効果もそうですが、それ以外にも柔らかく透明感のある雰囲気を作ることができるからと言われています。しかも、アッシュ系で仕上がった色の特徴であるマットでツヤ無しの質感は、外国人女性の髪質に似ているということも人気の理由です。

また、アッシュ系は地肌の色に左右されず、どんな方にも似合う髪色として人気です。


アッシュカラーのバリエーションは豊富

アッシュカラーのバリエーションは豊富

アッシュカラーは基本的にグレーっぽいブラウンになることに変わりはないですが、そこには様々なバリエーションがあります。

ヘアカラーの定番であるブラウンやベージュにもアッシュ系の色味があり、例えば「ベージュアッシュ」「ミルクティカラー」というネーミングがついていたり、珍しいところでは紫系のラベンダーアッシュ、バイオレットアッシュ、ピンクアッシュなど。

最近の流行りだと髪の赤味を消しやすいオリーブ系のアッシュが人気ですね。

他にも、アッシュカラーを使って毛先のみ徐々に明るい色を入れていくグラデーションカラーも人気です。アッシュカラーは基本に落ち着いた髪色になるものなので、明るめの色味にカラーリングしたとしても派手な印象にはなりません。

昔からイエロー系やピンク系の色味は若い女性に人気ですが、染めてみると意外と明る過ぎるカラーだったりします。これもアッシュ系の同系色にすれば、キラキラツヤツヤした感じを適度に抑えてミルクティ系の色調になり、重い印象を抑えて明るい雰囲気にしつつも上品さを保ってくれます。

また、ブリーチして明るい髪色の上から染めるダブルカラーをすれば、鮮やかなアッシュの色味を表現することもできます。

アッシュってどんなイメージになれるの?

【髪色カタログ】アッシュには色んな種類があってダブルカラーにもおすすめ!

オールシーズンで人気の髪色と言えばアッシュです。

普段からヘアカタログをみていたりネットで調べたりしている人は『アッシュ』という色は度々見掛けたことがあると思います。

ヘアカタログでも常にランキングトップに紹介されているほど王道のヘアカラーとして定着しました。

ただ、ヘアカタログではどんな髪色でも同じようなネーミングがされていたりして、実際にアッシュそのものが何色なのか分かりづらいですよね。

  • これとこれどう違うの?同じじゃないの?
  • 普通のブラウンにしか見えないけど…

ヘアカタログで『あ、こんな髪色いいかも?』と見つけても、自分の髪の毛でなるかどうか分からなくて切り抜きを美容院に持っていく勇気がない…という人もいると思います。

では、このアッシュというのはいったいどんな色なのでしょうか。

ヘアカラーにも様々な色がありますが、他の色と比べてどう違うのかも紹介したいと思います。

また、アッシュカラーにも何色ものバリエーションがありますが、それぞれどのようなイメージになるのか、参考にしてみて下さい。

アッシュはどんなイメージかというと、まずとてもクールな感じがします。というのも、暖色系ではなく寒色系の色味ですので、大人なイメージを醸し出します。

例えば青とか赤とか黄色とかどれもバチっとした強い色味ですが、そこに灰色を混ぜることによって濃さが薄くなってよりマイルドな色味にすることができます。

『ツヤを感じにくく柔らかい印象』になり、それが最近の流行りの『透明感』でもあります。

柔らかい印象というのは『ふわふわ』とか『優しい』とか『可愛らしい』に例えることができます。

透明感もほかの色味に比べると断然アップしますので、外国の人のような髪色に近づけることができます。ツヤ感はあまりないのですが、それがかえって地毛のように見えて、ますます外国人ぽく見せることができるのです。

色素的にはほかの色味よりもより薄く見えるので、クールで大人の落ち着いた感じがしながらも軽さもあるという何拍子もそろったカラーです。

ピンクやイエローなどの派手さはありませんが、さりげないお洒落にとても向いている色です。


ロングヘアで毛量が多くても野暮ったく見えない

ロングヘアで毛量が多くても野暮ったく見えない

黒髪のロングヘアで髪の毛の量が多いと、どうしても野暮ったく見えてしまいます。

そんな時にもアッシュカラーが便利です。アッシュカラーであればさほど明るくしなくても透明感を演出できるので、黒髪のロングヘアでボリュームが気になる方におすすめです。

ロングヘアは髪が長い分だけ全体的にヘアカラーの色が反映されやすいですが、アッシュカラーは強い色ではないため、あまり派手にしたくない人や落ち着いた印象を持たせたい人におすすめです。

ショートヘアで毛先の束感や動きを出す

ショートヘアで毛先の束感や動きを出す

アッシュカラーは、ツヤのないドライな髪色のため、暗めのアッシュだと髪が明るく見えにくいので落ち着いた印象に見えます。

それなので、男性も女性もショートヘアで毛束感や毛先の動きを見せたい時は、明るめのアッシュカラーにすると似合わせやすいです。

パーマや巻き髪などで毛先の柔らかい雰囲気を出したい時も、やや明るめに設定すると良いでしょう。

銀髪になるカラーワックス!?『シルバーアッシュ』はメンズにおすすめ!

ヘアカラーでアッシュは髪に表現しづらい色

アッシュは髪に表現しづらい色

ただ、アッシュの色は日本人の髪の色にはなかなか入りにくいカラーなので、カラーを入れる際には注意が必要なケースがあります。

そのままカラーを入れてしまうと、髪の色の方が残ってしまい、アッシュの色味が見えません。

それに、色が入ったとしてもすぐに色落ちして見た目を損ねてしまう可能性もあるのです。

では、こうした状態を防ぐには一体どうすればいいのでしょうか。

髪をブリーチするとアッシュの色が見えやすい

先にブリーチをするとアッシュにしやすい

効果的だと言われているのは、ブリーチして髪の色を抜いてからアッシュを入れるという方法です。

この方法であれば、色が抜けていれば抜けているほど、綺麗なアッシュカラーに染めていくことができます。

このように、一度ブリーチをしてからヘアカラーをするのをダブルカラーといいます。

ブリーチで髪を綺麗に明るくする方法とダブルカラー

アッシュ特有の薄い色合いも綺麗に表現できるのでおすすめです。

ただ、ブリーチはその性質上、毛を傷めてしまいやすいです。施術中にも、肌が弱い人であれば頭皮がヒリヒリしてしまうこともあります。

それなので、ブリーチをすること自体に良いイメージを持っていないという人も多いかもしれません。

もちろんブリーチまでしなくても、ある程度の明るさにすれば色が見えやすくなりますので、必ずしもダブルカラーをする必要はありません。

鮮やかではっきりとしたアッシュの色合いにしたい場合は、一度髪の毛をブリーチして色素を抜いておきましょう。

アッシュのバリエーション

アッシュの髪色カタログ

アッシュは灰という意味ですがどんな色味にもグレーのくすみを入れることで、柔らかくクールなイメージにもっていくことが可能です。

アッシュのバリエーションとしては、マットというグリーン系、ピンク系、グレー系のほか、ブルー系、ゴールド系、ブラウン系…などなど様々です。

仕上がりの色によってはミルクティやカフェオレ、ベージュなどと呼ばれることもあります。

このように、アッシュは様々なヘアスタイルやファッションに合わせて選ぶことができるヘアカラーのです。

スモーキーアッシュ

髪色を変えるだけでアカ抜けて見えるのがスモーキーアッシュ。

スモーキーアッシュは、髪の鮮やかさを抑えたマットな質感によって「柔らかい雰囲気」を強調することができます。

最近流行りのゆる巻き・ゆるふわな髪型にぴったりな髪色。

髪の明るさを選ばずクール感をプラスできますので、いつもと同じ服を着てもイメージがまったく違って見えるほど。

落ち着いた大人な雰囲気のなかにアンニュイさも感じさせるため、どちらかと言えばカジュアルなファッションに合わせやすいです。

スモーキーアッシュに似合う髪型としては、ボブならふわっとした可愛らしさもプラスできますし、ロングヘアならクール感も演出することができます。

また、パーマやヘアアイロンで大きめなウェーブ・カールをつければ外国人風な柔らかい髪質を作り上げることができます。


マットアッシュ

マットというのは緑がかった色味になります。オリーブと呼ばれることもあります。

緑というのは、寒色・暖色どちらにもいける中間色になりますので、染める人を選ばない無難な色といえそうです。

イメージ的には、柔らかい感じで女性らしく、すこし辛口な万能なカラーだといえます。

透明感と柔かさが特徴ですが、カラーのレベルによって少しずつイメージが違ってくるのも、さまざまな表情が見えてくるので楽しいものです。

たとえば、濃いめのカラーにすれば、黒髪にも見える緑がかったアンニュイさを醸し出すこともできます。

暗いレベルであれば緑色がかなり濃く出るアッシュカラーは、個性的な表情を楽しめます。

また、かなり明るめのマットアッシュにすると黄色がかって黄緑色に変化していくので、仕上がり的には外国人風の華やかな髪色になります。

ピンクアッシュ

ダブルカラーでピンクアッシュ

アッシュカラーは、マットだけでなくピンク系もあります。

ピンクというやや赤味を感じる暖色系とアッシュがコラボレーションすると、どんな髪色が楽しめるのでしょうか。

たとえばダブルカラーで赤みを強くしてみたり、グラデーションに染めたり、たくさんのバリエーションを楽しめるのがピンクアッシュのいいところです。

仮に、ダブルカラーでピンクアッシュを染めたとするとこんなイメージになっちゃいます。

コスプレイヤーやヴィジュアル系でもなければさすがにここまで鮮やかな色にする人はいないかもしれませんが…

先の画像のように、通常のピンクアッシュは髪のブラウンがあるのでもっと自然な色で、イメージとしては女の子らしくスウィートな感じになり、ガーリー系を目指すのであればピンクアッシュは必須かもしれません。

ピンク色を前面に出すのではなく、柔らかさのなかにほのかにピンクを感じさせる程度にすると、ガーリーななかにカジュアルな軽さも出てきます。

上品なスタイルにも合い、男性からの受けもよさそうです。

フェミニンにしたい場合には、濃いめのピンクアッシュで全体的に染めて、レイヤーカットで軽さを強調すれば相性も抜群です。

ツヤ感を出すこともでき、落ち着いていながらどこか少女のような愛らしさを醸し出す女性らしさを楽しめます。

くせ毛シャンプー★5日分サンプル送料無料【クイーンズバスルーム】

アッシュ系で注意するのは髪の明るさ

アッシュ系で注意するのは髪の明るさ

アッシュ系は、髪の色が暗いとその色味が出にくく、黒髪とほとんど変わらなく見えてしまいます。独特のくすんだ柔らかい風合いを出すには、髪を明るめに染めることが必要です。

アッシュ系の色の特徴を表現するには、美容院にあるカラーチャートでも最低8トーン以上の明るさを選びましょう。

また、一般的に髪色が最も綺麗に見えるとされるのが、8トーンと言われています。これは暗すぎず明るすぎずちょうど良い明るさです。

白髪染めにもアッシュ系のブラウンが人気

白髪染めにもアッシュ系のブラウンが人気

30代にもなると顔周りや頭頂部に白髪が生えてくるようになりますが、そんな時もアッシュ系の白髪染めが人気です。注意点として、普通のアッシュ系のヘアカラーで白髪を染めてしまうと、黒髪は染まりますが白髪は染まりません。

でも、アッシュ系ブラウンで染めることにより、白髪染めとしても使えるのです。この時の色選びのポイントは、ブラウンベースであるということ。

ヘアカラーの色のバリエーションは豊富にあり、その中にアッシュブラウンという色があります。これであれば、白髪があったとしても、普通のアッシュ系の色で全体を染めたのと変わらない仕上がりになります。

具体的には、灰色と茶色を混ぜたベージュのような色で、これにより落ち着きのある色合いに仕上がり、この色で白髪にも染まるため全体が馴染むということです。

落ち着いた雰囲気よりも華やかなイメージにしたい場合は、明るめのアッシュブラウンを選びましょう。明るいアッシュであれば、染めた色が落ちてきても白髪が目立ちにくいという利点もあります。

しかし、白髪がしっかりと染まるのは8トーンぐらいまでなので、白髪染めをする場合はその範囲内に収める必要があります。

実際に染めてみると分かりますが、落ち着いた品のある髪色に仕上がります。光も反射しにくいので、白髪はほとんど目立ちません。

アッシュ系は色持ちが悪い

アッシュ系は色持ちが悪い

アッシュ系のヘアカラーはその色味の性質上、どうしても色落ちがしやすいとされています。さらに、髪の毛が傷んでいると色落ちが極端に早くなります。

色の長持ちを考えて染める際には、希望よりもやや暗めのアッシュを入れてもらうのが良いでしょう。

このようにすれば、暗い状態から少しずつ色落ちしていくうちに、ちょうど良い明るさになっていくからです。

また、明るめのアッシュにする場合は髪のダメージがかなり大きくなるので、ヘアケアも忘れずに!

簡単にヘアカラーをアッシュにする方法

カラーバターは簡単にアッシュにできます。

黒髪は明るくできませんが、ある程度明るい茶髪や金髪に色だけを入れることができます。

これはカラートリートメントと呼ばれるもので『ヘアカラー+トリートメント』が同時にできるものです。

髪へのダメージは0。

使い方は、シャンプーのあとにトリートメントを付ける感覚で塗布するだけです。

どういう人におすすめなのかと言うと、

  • 『色落ちしてしまった毛先に色を入れたい人』
  • 『ダブルカラーでアッシュの色を強調したい人』

です。

普通のタイプのように生えてきた根元を明るくすることはできませんが、毛先を染めるのにはすごく便利。

一回髪の毛全体を脱色してから色を入れると、色味の強いアッシュにすることもできます。

ぜひ、ヘアカラーのアッシュを試してみて下さいね。

 

まとめ

テレビでみる外国人の髪色ってすごく綺麗ですよね。あのミルクティのようなカフェオレのような色の感じがアッシュカラーです。透き通った落ち着きのある髪色。

もともと髪の毛に赤味や黄色味がある日本人の髪質を外国人風の髪色に近づけるためには、ヘアカラーのアッシュが欠かせません。

また、同じアッシュ系の色味でも明るめと暗めで雰囲気が違ってきますので、例えば冬は暗めのアッシュにして落ち着かせて、夏は明るめのアッシュで開放感のある雰囲気にアレンジしている人も多いです。

アッシュカラーはどのような方にでも似合う色味です。髪の赤みを抑えたい方も、明るい色に挑戦したい方も、流行りのアッシュカラーで素敵な髪を目指してみてくださいね。



  関連記事

ヘアカラーのウィービングでメッシュを髪に入れよう!

ヘアカラーのウィービングは髪の動きやヘアスタイルの立体感を強調する技術です。そんなメッシュの入れ方を説明します。

髪の色に合ってる?眉毛が濃いなら脱色しちゃおう!

髪の色を明るくしたらそれに合わせて眉毛も明るくした方が自然です。眉毛を自分で脱色してふんわり眉毛にする方法を説明します。

ブリーチで髪を綺麗に明るくする方法とダブルカラー

これから自分で髪の毛をブリーチする人は参考にして下さい。綺麗に明るくする方法や注意点、そしてダブルカラーについても説明。

no image

どれ使えば良い?市販ヘアカラーの色選びを診断してみよう!

市販ヘアカラーの色選びで失敗しないポイントを紹介しています。色のしくみを知って自分に似合うかどうか診断してみよう!

カラーリングのトーンダウンと補色の理論をマスターしよう!

カラーリングの中でも特に失敗しやすいトーンダウンとそのために必要な補色の理論等をポイントでまとめてみました。

自分に似合う髪色はどれ?ヘアカラーの色選びは種類がこんなにある!

髪色を変えるだけで気分が変わります。これからなにかアクションを起こしたい人はまずは髪型やヘアカラーから変えてみるのもいいかもしれません。 人は見た目から入る生き物。あなた

傷んだ髪にヘアカラーやパーマをするには処理剤が必要!?

髪の毛が傷んでいる状態でヘアカラーやパーマをするのはとても危険です。そんな時に必要なのが処理剤。そのしくみと効果を説明します。