*

究極のダメージケア!アビスタシャンプー

   

放っておくと、ごわごわの髪になってしまうのは、髪の手入れが行き届いていないから。少しでも効果的なシャンプーをつかうことで、美しい髪を維持していかなくてはいけません。ここではアビスタエイジングケアシャンプーについてご紹介します。


髪のケアで重要なポイントは?

髪の毛をケアする上で知っておかなければいけない知識とはどのようなものでしょうか。私たちが普段触ったり手入れをしたりしている髪には、キューティクルと呼ばれるものが表面に存在しています。

正常な髪であればこのキューティクルがしっかりと密につまっているため、内部までダメージを与えるのはなかなか難しい状態です。しかし、パーマや矯正などを行うと、薬液をつかうことでそのキューティクルをいったん壊し、中の構造や色素にまでアプローチします。

この場合、当然処置が終了してもキューティクルは傷ついたままであり、非常にダメージを受けやすい髪となってしまいます。さらに、髪は基の部分に位置する毛根は生きていますが、先端の部分まではいわば死んだ細胞でできています。つまり、一度痛んでしまったキューティクルは自力では修復しないことも関係しています。

キューティクルを保護しよう!

実はこのキューティクルですが、パーマなどの特殊な施術をうけなくとも、日々の髪への刺激で容易にダメージを受けることが知られています。毎日丁寧に櫛でとかしているつもりでも、実際にはキューティクルは少しずつ剥がれ落ちていっています。

この回数が多ければ多いほど、必然的にダメージも大きくなると考えることができるでしょう。しっかりと髪を良質の状態で保っていくためには、少しでもこのキューティクルを正常な状態で保護しつつ、内部へのダメージを軽減していく必要があります。


市販のシャンプーには注意!

巷に多く存在しているシャンプーは、主にアルコール系であったり、石鹸シャンプーであることがほとんどです。これら二つは、洗浄力としては申し分ない威力を誇る半面で、石鹸シャンプーはアルカリ性であり、さらに石鹸のカスがのこるので、それを落とすためのコンディショナーで丁寧にアフターケアをする必要が必須となります。またアルコール系シャンプーについてもラウレル硫酸と呼ばれるダメージの大きい薬剤を使用しているため、洗浄力は強力でも髪の保護という観点からはお勧めしにくい部分があります。

アビスタエイジングシャンプーが髪に良い理由とは?

アビスタエイジングシャンプーは、アミノ酸を基とした自然素材で作られたシャンプーです。弱酸性の性質をもち、天然素材であることは、一際余計なダメージを与えないことに特化しているといえるでしょう。洗浄力はそこまで強くありませんが、キューティクルを保護し、より良い状態に髪質を保つ上で非常に重要な役割を持ちます。

髪にダメージを与える前者2つとは異なり、長期的な使用で継続して良質な髪を維持するのに役立っているといえるでしょう。中には同様に髪の保護を謳っているシャンプーも存在します。しかし、通常のシャンプーではシリコンが含まれているため、このシリコンが膜を形成し必要な栄養や水分をはじいてしまうのが大きな難点といえます。その点、アビスタはシリコンの膜を適切に洗い流し、植物由来の成分で髪をつつみます。

これによって、シリコンでは透過できなかった水分や栄養を髪に与えていくことができるのも、髪を長く良い状態で保つ秘訣といえるでしょう。


まとめ

いかがだったでしょうか?一般的な市販のシャンプーとは異なり、非常に髪のことを考えたつくりとなっているのがお分かりいただけたでしょうか。是非気になった方は一度使ってみてください。すこしでも体や髪に良いものをつかっていくことは、間違いなく美へと近づく第一歩といえるでしょう。



  関連記事

no image

美容師がおすすめする『ビハール モイストシャンプー&ライトシャンプー&モイストトリートメント』

色々なヘアケア商品がある中、どれを使おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。そんな中、近年美容師もおすすめしているブランドがあります。それがビハールです。今回はこの

美容師になるには?ちなみに給料はどれぐらいなの?他

美容師になるには?ちなみに給料はどれぐらいなの?他

美容師になるために必要な美容学校や美容師試験、そして美容師の給料などの現実的な部分も踏まえて、美容業界のあれこれを紹介。

no image

アンククロスシャンプーの口コミ!

思う様な効果が出た 毎日アイロンとかワックスとかスプレーとかで髪の毛が傷みまくりだったんだけど、アンククロスシャンプーを使ってからかなり良い感じになった。もともと使ってい

つい、いじっちゃう?髪を触る癖に隠された男女の心理とは?

ついつい髪を触ってしまう癖がある人も多いものです。よくある「ただの癖」かと思いきや、そこには男女の様々な心理が隠されていることもあるのです。