*

しっかり洗ってるのに…シャンプーが泡立たない原因と対処法!

   

しっかり洗ってるのに…シャンプーが泡立たない原因と対処法!

「シャンプーをつけたのに泡が立たない」「最初は泡立っても、途中で消えてしまう」そんな経験ありませんか?

どんなに洗ってもなぜかシャンプーが泡立たない時ってありますよね。どうして泡立たないのか…。ひどい時は最初から全く泡が立たない…なんてことも。

それにはいくつか原因があります。どうしてシャンプーの泡が立たないのか、その原因と対処法について、いくつかあげていきます。

シャンプーが泡立つ仕組み

1日の汚れをスッキリと洗い流すには、シャンプーをしっかりと泡立てて、気持ちよく洗いたいものですよね。

最初は泡立っても、だんだんと泡が消えてしまい、後頭部を洗う頃には全く泡がない・・・これでは髪をしっかり洗えた気がしませんよね。

そんな時は次のようなことが考えられます。

まず、シャンプーが泡立つ仕組みについて知っているでしょうか?

シャンプー 、水、空気この3つが合わさって泡立ちます。

そして泡立つためには、あなたの頭皮や髪の状態も関係しています。泡立ちが悪くなる原因をチェックしていきましょう。

シャンプー剤が原因の場合

シャンプーの界面活性剤の種類によって、泡立ちにくくなる場合があります。一般的に石油系と言われる高級アルコール系シャンプーは、洗浄力は高い分、髪への負担も大きくなりますが、泡立ちは良いです。

また、ベタイン系やアミノ酸系は、頭皮に優しい成分でできていますが、洗浄力はその分低く、泡立ちにくいと言われています。

しかし、しっかりと髪を濡らしていればちゃんと泡立ちます。もしかしたらシャンプーの量が少なくはありませんか?

あまり汚れてないからと言ってシャンプーの量を減らしてしまうと泡立ちが悪くなります。

かといって、シャンプーを何プッシュもするのはやめましょう。髪にも環境にも良くありません。目安は、ロングで3プッシュ、ボブで2プッシュ、ショートで1プッシュ程度でちょうどいいかと思います。

【市販シャンプーの選び方】自分の髪と頭皮におすすめなのはどのタイプ?

水が原因の場合

髪の毛が十分に濡れていないと、なかなか泡立ちません。根元までしっかり濡らしましょう。この工程を疎かにしている人が意外と多いと思います。

シャンプー前の水洗いで、髪についた汚れの7割は落ちるんです!

そして水によって頭皮が柔らかくなるのを確認してからシャンプーをつけましょう!1~2分程度、髪と頭皮をしっかりシャワーで流してみてください。

実際にやってみると、思っている以上に時間が長く感じると思いますが、これくらい流さないと十分に水分が髪に含まれないのです。

また、使う水が変わると泡立ちにくくなることがあります。同じ水道水でもミネラルを多く含む水を使う地域に旅行したりすると、水質によって泡立ちが悪くなることがあります。


空気が原因の場合

シャンプーの最中に、空気をしっかり混ぜ込むイメージで髪全体を大きく動かしてみましょう。そうすると泡立ちやすくなります。

なお、美容師さんも最初はこの練習をしているそうです。空気を含ませるようにして大きな動きでこすり洗いをします。

猫の手のように爪を立てずに軽く丸め、その状態で泡立ててみてください。空気が入りやすくなり泡立ちがよくなりますよ!

頭皮が原因の場合

汗をたくさんかいたり、乾燥しやすい冬場などは皮脂量が増え、汗と皮脂が大量に髪に付着していると、ホコリと混ざりあって皮脂汚れとなり、そうなると泡立ちにくい状態になります。

皮脂は紫外線などの外部の刺激から髪と頭皮を守る働きもしていますが、大量の皮脂は髪の汚れを増し、毛穴につまると頭皮トラブルの原因になったりします。

特に髪の長い人は、お風呂に入る前にブラッシングをして髪をほぐし、汚れやホコリを浮かしましょう。シャンプー前のブラッシングは、頭皮を傷めないように、獣毛のなどの頭皮に刺激の少ないものをおすすめします。

もともと頭皮が脂性の人は、頭皮の脂が原因で泡立たないことが多いです。そういう人は高級アルコール系などの洗浄力が高く、泡立ちの良いシャンプーを選びましょう。

かさぶたがある!?頭皮に湿疹やニキビができる原因と対処法

髪の状態が原因の場合

髪の状態が原因の場合

ワックス、ヘアオイル、スプレーなどのスタイリング剤の影響

スタイリング剤をつけていると、泡立ちが悪くなります。これはスタイリング剤に含まれている油分が原因です。ワックスやヘアオイルは特に油分が多いため、なかなか泡立ちにくくなります。

ワックスやスプレーなどでスタイリングをした時には、2度洗いをするか、またはシャンプーの前にトリートメントをつけて一度流してからシャンプーしてみましょう。

トリートメントの油分で、ワックスなどのスタイリング剤の油分を一度落とすことができます。

髪質が撥水毛

髪質によって泡立ちにくいこともあります。髪質が硬い人は撥水毛(疎水毛)といって、水をはじきやすい毛質の人が多いため、髪に水分が含まれにくいのです。

普段からトリートメントを付け過ぎている

髪が傷んでいたり、乾燥していたりと、それを気にしてトリートメント剤を付けすぎてしまうと泡立ちが悪くなることがあります。

また、泡がすぐなくなってしまうのは、髪のダメージの度合いにも関係があります。ダメージが進んだ髪は、水分を吸収しやすくなるのが特徴なため、ダメージ毛はシャンプーをしているうちにだんだん水分やシャンプーが髪に吸収されてしまい、そのため最初は泡立ってもだんだんと泡がなくなってしまうのです。

この場合もシャンプーの前にトリートメントをつけて流してからシャンプーしてみてください。トリートメントによって、髪の中が補修成分で満たされると、水分やシャンプーの吸収が抑えられ泡立ちやすくなります。

またシャンプーでは落ちにくい油分を分解してくれる作用もトリートメントにはあります。ワックスやスプレーなどのスタイリング剤の油分や汚れも落としてくれるので、さらに泡立ちやすくなるのです。

また、例外ですが炭酸シャンプーも効果的です。炭酸シャンプーは普通のシャンプーでは落ちにくい、シリコンや汚れを落とす効果がありますので、上記の方法でも泡立たない場合には炭酸シャンプーを試してみましょう。たまにはサロンで炭酸スパをしてもらうのも効果的です。


まとめ

以上のことを踏まえても、やはりしっかり髪を濡らしてからシャンプーすることが大事に思いますね。

どうしても泡立たない場合にはまずは2度洗いしてみましょう。それだけでも、シャンプーの泡立ちは改善されてくると思います!

1回目のシャンプーは、ホコリやスタイリング剤を落とすイメージで軽く洗いましょう。1回目から頭皮までしっかり洗ってしまうと皮脂を取りすぎてしまい、頭皮の乾燥やフケ、かゆみ、細髪、抜け毛などの原因になりかねませんので気をつけましょう。

2回目は通常どおり頭皮をしっかり洗います。

美容師さんもシャンプーを2回に分けているのはこのためです。

自宅のシャンプーで泡立ちが悪いと感じたら、一回よく流す。そしてもう一度というように付け足して行くイメージで行ってみて下さい。

頭皮のかゆみとフケの原因は?シャンプーの種類とやり方で対策を!



  関連記事

毛が太くなる効果が!?髪にハリとコシを与えるケフトルアミノシャンプーの口コミ

毛が太くなる効果が!?髪にハリとコシを与えるケフトルアミノシャンプーの口コミ

髪の毛が太くなると口コミで言われているケフトルアミノシャンプー。頭皮環境を健康な状態に整えて、ハリコシのあるしっかりした髪を育てると医師が推奨!

髪を伸ばしたい人におすすめのオーガニックシャンプーとは?

髪を伸ばしたい人におすすめのオーガニックシャンプーとは?

美容室で髪をカットしたところ、自分が思っていたよりも短くなってしまったという方もいるでしょう。 また年齢を重ねるとともに髪の伸びるペースが遅くなったと感じる方もいるようで

『カラー用シャンプー』は髪色を長持ちさせるのにおすすめ!

『カラー用シャンプー』は髪色を長持ちさせるのにおすすめ!

せっかくヘアカラーをしたのにすぐに色落ちしてしまう…。綺麗な髪色を長持ちさせたい…。そんな時におすすめの『カラー用シャンプー』について紹介します。

頭皮のかゆみとフケの原因は?シャンプーの種類とやり方で対策を!

頭皮のかゆみとフケの原因は?シャンプーの種類とやり方で対策を!

毎日しっかりとシャンプーをしているのに、頭皮のかゆみやフケの発生などの頭皮トラブルを招くことがあります。その原因とシャンプーによる対策をご紹介します。

頭皮の臭いの原因と対策!実は自分では気付いていないかも?

頭皮の臭いの原因と対策!実は自分では気付いていないかも?

あなたの頭皮は大丈夫?頭皮の嫌な臭いは自分ではなかなか気付かないものです。頭皮の臭いの原因と対策を紹介します。

低刺激で赤ちゃんにもおすすめ!『モーガンズシャンプー』の効果と口コミ

低刺激で赤ちゃんにもおすすめ!『モーガンズシャンプー』の効果と口コミ

モーガンズシャンプーは赤ちゃんにもおすすめ!実際に何がどう良いのか、中身の成分の効果や口コミを具体的に解説します。

口コミによると『ノンシリコンシャンプー』がおすすめ!?その効果とは?

口コミによると『ノンシリコンシャンプー』がおすすめ!?その効果とは?

CMや口コミでおすすめされているノンシリコンシャンプーっておすすめ?どんな効果があるの?『でも…シリコンが入っていると何か問題でもあるの?』を説明します。